フルモデルチェンジ版・ホンダ新型ヴェゼルのテレビCM撮影時のスパイショット続編!何とe:HEV PLaY×2台、e:HEV Zの計3台がスタンバイしていた【動画有】

まさに貴重なスパイショット!この動画を公開して頂けたdbmdc500チャンネルさんには心より感謝

2021年2月18日にデジタルワールドプレミアされ、同年4月22日に発売予定となっているホンダのフルモデルチェンジ版・新型ヴェゼル(Honda New Vezel)ですが、つい先日、愛知県名古屋市中区三の丸二丁目地内の環状交差点にて、テレビCM撮影中のデモカーがスパイショットされ大きな話題となりました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

そして今回も、dbmdc500チャンネルさんにて新たな新型ヴェゼルのCM撮影中のスパイショット動画が公開されていますので、早速チェックしていきましょう。
※おそらく今後もこういった新型車のスパイショット動画を投稿していただけるかもしれない期待のチャンネルです。


何と新型ヴェゼルは3台も準備されていた!

まずは三の丸二丁目地内の環状交差点付近にて待機する新型ヴェゼルたち。

前回は、プレミアムサンライトホワイト・パールのe:HEV Zのみがスパイショットされていましたが、実は3台の新型ヴェゼルがスタンバイしていたようです。

エクステリアを見る限りだと、右側のプレミアムサンライトホワイト・パール×ブラックルーフが最上位グレードe:HEV PLaYで、真ん中が以前スパイショットされたプレミアムサンライトホワイト・パールの上位グレードe:HEV Z、そして左側がサンドカーキ・パール×ブラックルーフのe:HEV PLaYという構成になっています。

もう少しズームアウトするとこんな感じ。

こうして見ると、プレミアムサンライトホワイト・ホワイトパールはユニークなマジョーラカラーで、サンドカーキ・パールは国産車とは思えぬほどにエキゾチックな雰囲気がありますね。

プレーン且つ滑らかなファストバックSUVを実現した新型ヴェゼル

スタンバイ状態から動き出した新型ヴェゼルe:HEV Z。

上部から見るとヴェゼルとは思えず、センター非直結式の一文字テールランプはトヨタ新型ハリアー(Toyota New Harrier)やレクサスUXのようにも見えたりで、とにかく不思議な雰囲気があります(ルーフレールが無いのがちょっと気になる…)。

あとは上部から見ても、リヤハッチガラスをかなり寝かせていることもあり、クーペSUV(厳密にはファストバック)とステーションワゴンのような変わったスタイリングにも見えます。

サンドカーキ・パール×ブラックルーフの新型ヴェゼルは光の差し加減で全く印象が異なる?!気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう