こんな問い合わせが来る。フルモデルチェンジ版・ホンダ新型ヴェゼルのボディカラーは成約・予約した後でも変更できるの?【動画有】

新型ヴェゼルはメーカー予想を上回る形でかなり売れているようだ

さてさて、2021年4月23日に発売スタート予定となっているホンダのフルモデルチェンジ版・新型ヴェゼル(Honda New Vezel)ですが、発売前からメーカーが想定する受注予定数を大幅に上回っているそうで、既に2021年4月6日段階での各グレードの納期は以下の通り。

【新型ヴェゼルのグレード別納期(2021年4月7日現在)】

◇e:HEV PLaY・・・2021年3月以降

◇e:HEV Z/e:HEV X・・・2021年8月以降

◇ガソリンG・・・2021年7月中旬以降

◇e:HEV PLaY/e:HEV Zのマルチビューカメラ&プレミアムオーディオ装着車・・・上記の納期+3週間~1か月延びる

e:HEV PLaY/e:HEV Zのみ設定可能なマルチビューカメラシステム&プレミアムオーディオのセットメーカーオプションについては、今後の半導体の供給次第で更に納期が遅れる恐れがあるとの情報もあるため、上記はあくまでも参考納期ですから、これよりも更に遅くなることも十分考えられるそうです。

▽▼▽関連記事▽▼▽


新型ヴェゼルを成約後、ボディカラーの変更はできるの?

そしてここからが本題になりますが、最近当ブログにたくさんの問い合わせが来ているのが、「新型ヴェゼルを成約後にボディカラーを変更することができるのか?」というもの。

これについては最寄りのディーラーにて相談した方が確実だと思われますが、参考までに私がいつもお世話になっているホンダディーラーですと、成約後(仮に手付け金や予約金を先に支払っていたとしても)生産が開始される前まではボディカラーの変更が可能とのこと。

「その生産開始時期がいつなのか?」というのも気になるところですが、仮納期に対して1か月~1か月半まで(例:2021年9月納期に対して、2021年8月まで)であれば、ボディカラーの変更は可能と聞いています(但しメーカーオプションの変更は不可)。

もちろん、これは新型ヴェゼルに限らず他のラインナップモデルでも対応は可能で、私も過去に新型フィット4(New FIT4)e:HEV LUXE×4WDを先行予約した際、最初はプラチナホワイトパールを選択していましたが、その1週間後にプレミアムサンライトホワイト・パールに変更した経験があり、もちろん納期変更などもありませんでした(当時は昨今の諸事情で武漢工場に規制がかかったため納期が不安定だった)。

全てのメーカー・ディーラーにて成約後にボディカラーの変更ができるわけではない

ただ、こういった成約後のボディカラー変更リクエストは、必ずしも全てのメーカーにて対応しているわけではなく、成約書類を交わした時点でカラー変更ができないというメーカー(もしくはディーラー)もあるそうです。

なので、こういった重要なことは後のトラブルを避けるためにも、最寄りのディーラーにて事前にチェックしてい頂いた方が確実なので、あくまでも上記の内容は参考程度にして頂けますと幸いです。

新型ヴェゼルのテレビCMは芸能人主体になる?気になる続きは以下の次のページにてチェック!