フルモデルチェンジ版・ホンダ新型ヴェゼルのフルエアロ(Urban Style)付きの見積もりしてみた!ガソリンGとe:HEVの諸費用差もチェックしていこう

2021-03-15

2021年3月5日の商談開始日から続々と先行予約が入っているようだ

いよいよ2021年3月5日より商談スタートし、同年3月11日より一般受注(オーダー)開始、そして4月22日に発表/4月23日に発売予定となっているホンダのフルモデルチェンジ版・新型ヴェゼル(Honda New Vezel)ですが、既に当ブログでは、どこよりも早くグレード別価格帯や見積もり内容、オプション価格を公開してきました。

そのため、数多くの読者の方々からも「新型ヴェゼル予約してきました」という問い合わせも多く、少しでも検討されている方の参考になっていて非常に嬉しく思うところです。

ちなみに、まだ新型ヴェゼルのグレード別価格帯(メーカーオプション含む)や、e:HEV Z(2WD)/e:HEV PLaYの見積もり内容を確認されていない方は、以下の関連記事を参考にして頂けますと幸いです。

▽▼▽関連記事▽▼▽

そして今回は、非常にリクエストの多かったガソリンG(2WD)/e:HEV PLaY(2WD)をベースにした、フルエアロパーツ(Urban Style)を装着しての見積もり内容を公開していきたいと思います。

▽▼▽関連記事▽▼▽


ところで新型ヴェゼル専用カスタム”Urban Style(アーバンスタイル)”って何ぞ?

Urban Style(アーバンスタイル)を装着したモデルの見積もり内容を公開する前に、そもそもUrban Styleのカスタムモデルがどういったものなのかチェックしていきましょう。

アーバンスタイルは上の画像の左側にある個体で(右側がカジュアルスタイル)、ボディー同色+メッキで都会的かつ上質感を演出。

ちなみにボディカラーはe:HEV PLaY以外にて設定可能なプレミアムクリスタルレッド・メタリック(+60,500円)をペイントしています。

アーバンスタイルの各種パーツの価格帯をチェックしていこう

続いてアーバンスタイルの各種パーツ類の価格帯をチェックしていきましょう。
※まだ見積もりに正式に反映されていないため、工賃抜きでの価格帯となります。

・フロントグリル:41,250円
・フロントロアスカート:46,200円
・サイドロアガーニッシュ:38,500円
・リヤロアスカート:27,500円
・リヤロアガーニッシュ:27,500円
・テールゲートスポイラー:58,300円
・Cピラーデカール:11,000円
・フォグライトガーニッシュ:11,000円
・リヤコンビガーニッシュ:19,500円

このカスタムモデルのメインターゲットは、クルマに思い入れが強い50代~60代を対象にしているとのことで、アウトドアだけでなく都市生活でもクーペライクなスタイリッシュさをアピールした内容にまとめられているとのこと。

メインターゲットの年齢がちょっと高めにも見えますが、それだけ今回の新型ヴェゼルの価格帯が高額になる?ことを示唆しているのかもしれませんね。

アーバンスタイルのフルエアロを装着した状態での新型ヴェゼルの見積もり内容は(ガソリンG/e:HEV PLaY)、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう