これまた凄いの出てきたな…ドバイ警察にトヨタ新型GRスープラの警察車両が納車!この他ドバイ警察ではどんなポリスカーを所有しているか見ていこう

おそらくGRスープラの警察車両はドバイ警察が世界初

ドバイ警察やアブダビ警察といえば、ランボルギーニやフェラーリ、ブガッティといった日本では考えられないようなスーパーカーをベースとしたポリスカー(警察車両)が採用されていますが、今回ドバイ警察にて、新たな仲間として2021年モデルとなるトヨタ新型GRスープラ(Toyota New GR Supra)の警察車両が納車されました。

アラブ首長国連邦(UAE)におけるトヨタの代理店であるアル・フッタイムオートモーティブより提供された今回の新型GRスープラですが、様々なグレードが存在するなかで、もちろん導入されたのは最上位グレード。

一体どのようなデザインで、どのようなスペックを持つのか、更にドバイ警察ではGRスープラ以外にどのようなポリスカーを所有しているのか見ていきましょう。


ドバイ警察指定の専用カラーに塗装されたGRスープラを見ていこう

コチラが今回ドバイ警察に納車された新型GRスープラの警察車両。

ベースとなるボディカラーはホワイトですが、これはドバイ警察が指定する専用ホワイトに塗装されたもので、ここにドバイ警察の象徴ともいえるグリーンのアクセントを追加したもの。

ちなみにグレードは最上位で、19インチのポリッシュシルバー&ブラックデュアルトーン鍛造アルミホイールを装着し、パワートレインは排気量3.0L 直列6気筒ツインスクロールターボエンジンを搭載しています。

直線性のパフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が4.1秒、最高時速は250km/hにまで到達するハイパフォーマンスモデルとなりますが、残念ながら特別なチューニングは施していないようです。

恐らく新型GRスープラをポリスカーとして導入したのはドバイ警察が世界初だと思われますが、同警察はトヨタとの長期的なパートナーシップを築いていることで、フォーチュナー(Fortuner)やランドクルーザー・プラド(Land Cruiser Prado)、FJクルーザー(FJ Cruiser)も導入していて、将来的にはフルモデルチェンジ版・新型ランドクルーザー300(New Land Cruiser 300)も警察車両用として導入するのではないか?と期待されています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

ハイパフォーマンスカーの導入は、市民からの信頼により成り立っている

なおドバイ警察の運輸救助局長であるモハメド・アル・ラズーキ氏によると、「同局の艦隊への高出力スーパーカーの増加は、市民とメディアからの肯定的なフィードバックによるものです。私たちは常に人々とつながる方法を探しています。スープラは非常に頭を悩ませていますが、私たちはこれらの車で自慢しようとはしていません。むしろ警察が街中でどれほど友好的であるかを観光客と住民の両方に見せたいのです」とコメント。

違反交通の抑止効果はもちろんのこと、一種のパフォーマンス・観光スポット的な目的にて導入されることの多いスーパーカーなどの警察車両ですが、GRスープラもそれと同様で、ドバイ市民からのアツい支持により導入されたのだと考えられます。

なおこれは余談ですが、ドバイ警察は既にテスラ新型サイバートラック(Tesla New Cyber Truck)の警察車両も導入予定で、メキシコ・サンルイスポトシ州のメキシコシティ警察も15台導入することを正式に発表済みとなっています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

GRスープラ以外にも、ドバイ警察が採用している警察車両には何がある?気になる続きは以下の次のページ時にてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう