2022年3月に生産・販売終了するホンダ新型S660 Modulo X Version Zが売れ過ぎて大変なことに。何と2021年3月末時点で年内納車は不可能

概ね予想はしていたが、まさかここまでS660人気が凄いとは…

2015年にコンパクトオープン軽スポーツ・ビートの後継として登場したホンダS660ですが、このモデルが2022年3月をもって販売・生産終了することが決定(ホンダの公式プレスリリースはコチラ)。

これにあわせてホンダは、2021年3月12日に「最後の特別仕様車」となる新型S660 Modulo X Version Zを発表・発売スタートしましたが、このモデルが発売されて以降、数多くのS660ファンからの受注が殺到し、既に2021年3月22日時点で年内納車は不可能になっているとのこと(私がお世話になっているホンダディーラーの情報ですが、県外の店舗にもお電話にて問い合わせたところ同様の回答を頂いてます)。

とはいっても、元々S660の月産台数が少ないこともあって、発売直後から約7か月~8か月ほどの納期回答だったそうですが、当初想定していた受注数よりも大幅に上回っていること、2022年3月で軽オープンスポーツが販売終了することによる駆け込み需要が重なったためと言われています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

なぜS660は販売終了することになったのか?

S660は、2015年に発売されて以降3万台以上を売り上げた大人気オープン軽スポーツで、ダイハツ・コペン(Daihatsu Copen)/コペンGR Sportを競合とした唯一のモデルでもあります。

そんなS660が2022年3月で生産終了する理由として、ホンダは以下のように述べています。

「S660は2022年以降の法規制(騒音・燃費・安全など)に対応出来ないことから生産終了となり、これらを改修するコストを掛けられないという経営判断での決定です。S660の名は消えてしまいますが「走る喜び』」はほかのホンダ車が受け継いでいきます」

via:https://kuruma-news.jp/

そんなS660の特別仕様車Modulo X Version Zの内外装デザインや価格帯はどうなっているのか?早速チェックしていきましょう。


Modulo Xをベースにブラックのアクセントが際立つスポーツエクステリア

こちらが今回発表・発売された特別仕様車S660 Modulo X Version Zのエクステリア。

従来Modulo Xをベースにしたスポーティなエクステリアに、専用アクティブスポイラー(ガーニーフラップ付き)をブラック塗装へと変更、そしてアルミホイールもステルスブラックへと変更することで、全体的に引き締まった印象を与えています。

リヤビューはこんな感じ。

現代のモデルでは希少ともいえるリヤミドシップスタイルで、コンパクトながらも伸びやかなボディが魅力的。

そして今回の特別仕様車用に、フロント・リヤエンブレムや車名エンブレム、専用リヤエンブレムを全てブラッククローム調へと変更し、一気に高級感をアップしています。

ちなみにこちらが、ブラッククローム調のアクセントに変更した専用バッジと、ステルスブラック塗装仕上げの16インチアルミホイール(フロント15×5J、リヤ16×6.5J)。

特別仕様車S660 Modulo X Version Zのインテリアや価格帯は、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう