フルモデルチェンジ版・ホンダ新型ヴェゼルの内装は競合モデルよりも上質?一部の装備は上位モデルのトヨタ新型ハリアーよりも質感は高いかもしれない

三重県・鈴鹿サーキットでも一部にユーザーに限り特別な先行内覧会が開催された模様

さてさて、2021年4月23日に発売予定となっているホンダのフルモデルチェンジ版・新型ヴェゼル(Honda New Vezel)ですが、先日鈴鹿サーキットにて特別展示会が開催されたとのことで、地元ディーラーであるホンダカーズ三重さんが、公式Twitterにてその模様を投稿しています。

グレードは最上位のe:HEV PLaY(2WD)で、ボディカラーはプレミアムサンライトホワイト・パール×ブラックの2トーンタイプが展示されていたそうですが、このほかにもサーフブルーの新型フィット4・クロスター(New FIT4 CROSSTAR)も併せて展示されていたそうです。

早速特別展示されていたという新型ヴェゼルをチェックしていきましょう。


見る角度によってはプラチナホワイトパールっぽくも見える新型ヴェゼル

こちらが今回特別展示されていた新型ヴェゼルe:HEV PLaY。

ホンダカーズ三重さんは、プレミアムサンライトホワイト・パールと記載していましたが、撮影角度によるものなのか、どちらかというプラチナホワイト・パールに近い印象も。

あとはノーズを延長したことにより、フロントフードから先端までが非常に伸びやかになり、ステーションワゴンをそのまま持ち上げたようなハイサイドビークルモデルにも見えたり(厳密にはファストバックSUVとのこと)。

内装を確認する限りでは”あのスピーカー”が装備されていない?

内装はベージュとグレーのミックスとなるe:HEV PLaY専用グレージュ×オレンジ。

こうして見ると意外に気づきませんでしたが、このモデルにはAピラーの内側にスピーカーが設けられていないため、マルチビューカメラシステム×プレミアムオーディオのセットオプションが装備されていないんですね(9インチCONNECTナビ後ろにはスピーカーが設けられている)。

そしてこちらは後席から眺めてみたという新型ヴェゼルの車内。

車内がかなり暗めなので少し分かりづらいですが、様々なモータージャーナリストがインプレッションしている限りだと、後席の天井はそこまで低くない印象で、身長180センチぐらいの方でも特に窮屈には感じないとのこと。

あとはシートバックがオールベージュの合成皮革のため、子どもなどが後席に座った際、靴の痕や砂などが非常に目立つ恐れもあるため、定期的なメンテナンスは必要かもしれません(あとは色移りなども目立ちそう)。

新型ヴェゼルの後席アームレストはそこまで低すぎない?そして私がオーダーした新型ヴェゼルは当初の予定よりも少し早くディーラーに到着する?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう