【エクステリア編】フルモデルチェンジ版・ホンダ新型ヴェゼルを見てきた!内装以外にも新型フィット4と共有するパーツ有り…e:HEV PLaYならではの新たな装備も

2021-04-21

やはり新型ヴェゼルは実車で見た方がカッコ良く迫力もある

さてさて、2021年4月23日より発売スタート予定となっているホンダのフルモデルチェンジ版・新型ヴェゼル(Honda New Vezel)ですが、遅ればせながらようやく実車を見ることができました!

既に新型ヴェゼルの細部は当ブログでも細かくご紹介してきましたが、やはり実車で見て新たに分かってきたポイントもあったため、まずは「エクステリア」をメインにインプレッションしていきたいと思います。

▽▼▽インテリア編はコチラ▽▼▽

新型ヴェゼルを検討されている方、既に新型ヴェゼルをオーダーされて納車待ちの方の参考になればと思います。


特別展示されている車両はe:HEV PLaY(FF)

まずは新型ヴェゼルのフロントマスクを見ていきましょう。

今回特別展示されたグレードは、最も高額な上位グレードとなるe:HEV PLaY(FF)で、ボディカラーはプレミアムサンライトホワイト・パール×ブラックの2トーンカラー。

▽▼▽関連記事▽▼▽

e:HEV PLaYのみ2トーンカラーの設定で、それ以外のガソリンG/e:HEV X/e:HEV Zはモノトーンカラーのみとなります。

なおこうして新型ヴェゼルのエクステリアを見てみると、初代ヴェゼルと同じボディサイズでありながらも、ワイド&ローで膨張色のホワイトということもあり、かなり大柄に見える印象です。

フロントの水平基調のグリルバーが一部グラつくのはちょっと気になるところだが…

ボディカラーと同色のインテグレーテッドグリルも違和感は無く、クリーンでEVらしい雰囲気ではありましたが、軽く手で触ってみると水平基調のグリルバーが”ぐらぐら”と動くのが気になるところ。

しかも全てのグリルバーにグラつきがあるわけではなく、位置(長さ?)によって全く動かないものもあれば、動くものがあったりとバラバラなので、この点はプロトタイプだからなのかはちょっと不明。

ちなみにe:HEV PLaY専用のトリコローレアクセントですが、ホワイトの部分はプレミアムサンライトホワイト・パールとほぼ同じ色合いで、バーがより細く見える分ホワイトの色味が変化する辺りは「上手く考えてるなぁ」という印象(トリコローレのバーにグラつきはなかった)。

ちょっとした遊び心ある装備も?

ヘッドライトの点灯やシーケンシャルウィンカーの点滅確認は省略しますが、ヘッドライトの両端(奥部分?)には艶有りホワイトのカラードアクセントブレードが追加されていて遊び心あるデザインに。

e:HEV Zなどでも装備されるかはわからないものの、これがボディカラーによって変化するのかも気になるところですね。

フロントストレーキはペラッペラ

こちらはフロントアンダーに設けられたフロントストレーキ。

いわゆる整流版にもなるわけですが、厚みとしては薄めのペラッペラな感じで、軽く指で引っ張っても変化するぐらいに柔らかいため、ちょっと大きめの段差で擦っても特に影響は無し(擦ったとしてもサンドペーパーなどで調整すればOK)。

なおフロントロアバンパーやフロント・リヤフェンダーは艶有りブラックに仕上げられ、遠目から見てもはっきりとした光沢でチープ感はないです。

新型ヴェゼルのエクステリアでは、新型フィット4と共有するパール有り?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう