【内装編Part2】フルモデルチェンジ版・ホンダ新型ヴェゼルを見てきた!後席は狭い?広い?話題の後席アームレストの高さ・使い勝手などもチェックしていこう

これで最上位グレードe:HEV PLaYの内外装はある程度網羅

2021年4月23日に発売予定となっているホンダのフルモデルチェンジ版・新型ヴェゼル(Honda New Vezel)。

既に特別展示されていた新型ヴェゼルe:HEV PLaY(FF)プレミアムサンライトホワイト・パール×ブラックの内外装インプレッション記事をお届けしましたが、今回は実用性や使い勝手メインの後席・トランクをインプレッションしていきたいと思います。

▽▼▽関連記事▽▼▽

身長182センチの私が後席に座った際の「天井の高さ」や「後席アームレスト(肘置き)の高さ」に加え、トランク部分の広さなどもチェックしていきたいと思います。


早速新型ヴェゼルの後席をインプレッションしていこう

まずは後席ドアをオープン。

ドアを開け閉めする際はそこまで重くなく、子どもでも簡単に開け閉めが可能だと思いますが、ドアを閉めた時の重厚感は初代ヴェゼルに比べると大幅に向上していると思います(初代は「パタン」、新型は「バタン」)。

運転席同様に、サイドウィンドウパネルは艶有りブラックで高級感を演出し、肘置きや内ドアトリムにはグレージュの合成皮革、そしてメーカーオプション扱いとなっているプレミアムオーディオ用ツイーターが内ドアに設けられるなど、とてもコンパクトSUVとは思えないほどの高級感です。

後席の乗降りや座り心地、そして天井の高さはどうだ?

ここからは後席をチェックしていきましょう。

シートカラーはグレー&ベージュのe:HEV PLaY専用となるグレージュに、シート素材はファブリックとプライムスムースのコンビタイプ。

実際に後席へと乗り込んでいきますが、やはりトップルーフがファストバックスタイルでリヤハッチに向けて下っていくルーフラインなので、かなり姿勢をかがまないと頭が当たってしまいます。

この点は初代ヴェゼルと大きく異なるポイントであり、身長の高い方ですと頭を極力下向きにして乗り込んだ方が良さそうです。

そして実際にシートに座り込んでみると、リクライニングはできないものの、お尻の位置が初代よりも深く、且つ1段階リクライニングしたかのような快適さはあると思います。

ただ、身長182センチの私ですと、(座高が高いのか)天井にギリギリ当たりそうであたらないぐらいのクリアランス(ちょっと圧迫感アリ)。

狭いか狭くないかで云うと「狭い」で、丁度リヤハッチガラスへと下っていくラインの天井に当たりそうな印象ですが、この点は上手く考えて設計しているなぁという印象です。

後席用アームレスト(肘置き)の位置は高い?低い?

続いては噂の格納式リヤセンターアームレスト。

一部のカーメディアやモータージャーナリストによれば、「肘置き位置が低い」と表現していましたが、実際に肘を置いてみると「低い」とは思わず、寧ろシート位置に対して最適なポイントではないかと思うほど。

使い勝手としては非常に良く、確かにヴィジュアルで見てしまうと「低すぎない?」と思われるかもしれませんが、その分お尻の着座位置を深く・奥にすることで肘置き位置も最適化されているのだと考えられます。

この点はホンダの開発担当もデザイン性と両立する上でかなり考え込んだポイントだそうで(その代わりトランクスペースは数十L相当犠牲にした)、忖度とかそういったことは一切なく、シンプルに使いやすいと思った次第です。

格納式アームレスト・ドリンクホルダーの使い勝手は?

なお格納式アームレストの先にはドリンクホルダーが横2列設けられていますが、基本的には500mLペットボトルのサイズに適応したもので、それ以外のコンパクトなペットボトルや缶類になるとちょっと使い勝手は良くなさそう。

この点は実際に納車された後に様々なドリンク類(ペットボトル/缶/コーヒーカップ)を置いてインプレッションして見たいと思います。

新型ヴェゼルの足元の広さやトランクルームの広さ・使い勝手などに関するインプレッションは、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう