どうしたスズキ!まるでスーパーカーのようなスピードスターモデルの新型MISANOコンセプトを世界初公開。デザイナーは学生、バイクをモチーフにした究極のオープンモデル

このまま数量限定で販売しても売れそうな気がするが

スズキとイタリア・トリノにあるIstitutoEurope di Design(IED)の交通デザイン科・修士課程の学生とのコラボにより、MISANO(ミサノ/ミザーノ)コンセプトと名付けられた究極のスピードスターモデルが世界初公開されました。

このMISANOコンセプトと呼ばれる個体は、自動二輪車と自動車を融合させた世界に一台しか存在しないスポーツモデルで、シートレイアウトもバイクからインスピレーションを得ているため、2シーターながらも横2列ではなく縦2列のタンデムレイアウト。

早速どのようなエクステリアなのかチェックしていきましょう。


その見た目はフェラーリやマクラーレンなどのスーパーカーに匹敵するエクストリームさ

こちらが今回世界初公開されたMISANOコンセプト。

MISANOとは、イタリアにあるミザーノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリにちなんで名づけられ、全長は4,000mmで割とコンパクト(参考までに、マツダNDロードスターで全長3,915mm)。

ただし全高は僅か1,000mmと非常に低く、ランボルギーニ・カウンタック(Lamborghini Countach)並みに低く、トップルーフが設けられていた乗り降りはかなり苦痛になりそう。

ヘッドライトは”SUZUKI”のエンブレムがモチーフ

コンパクトボディに対して足元のアルミホイールのインパクトも相当なものですが、車両デザインはカーブとハードエッジを組み合わせたものとなり、ヘッドライトはスズキエンブレムをイメージさせるようなS字型と中々にオシャレ。

ブロンズのアクセントが更に渋さと欧州感を漂わせている

真正面から見てみるとこんな感じ。

フロントノーズの”Suzuki”エンブレムが無ければ、とてもスズキのコンセプトカーとは思えぬほどにエクストリームで、更にフロントスポイラーやヘッドライト周りにはブロンズのアクセントを追加するなど、コンセプトモデルなだけあって予算はほぼ考えられず、まさに学生特有の自由な発想から生まれたドリームカー。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう