マイナーチェンジ版・BMW新型X3が発表前に完全リーク!ヘッドライトは少し角ばり、キドニーグリルは若干サイズアップしてる?

正直新型X3はあまりにもノーマークで、いつデビューするかも明確になっていない

以前より度々スパイショットされていたBMWのマイナーチェンジ版・新型X3の開発車両ですが、突如量産モデル且つ公式画像と思われるものが「BMWの公式ホームページ」より完全リークされました。

BMWスペインの公式サイトより完全リークされた今回の新型X3ですが、おそらく発表時期も間近だと思われる一方で、デザインベースはピュアEVクロスオーバーの新型iX3に寄せたデザインなのではないかと思われます。

早速新型X3のリーク画像をチェックしていきましょう。


デザイン変更は最小限にとどめられ、キドニーグリルも巨大化を阻止?

こちらが今回リークされたマイナーチェンジ版・新型X3(現在は公式HPからも画像削除済み)。

リーク画像はこの1枚のみとなりますが、ボディカラーは何とも渋めのグリーンカラーで、足もとのアルミホイールはブラックとシルバーのデュアルトーンにデュアル5スポークとスポーティ。

更にフロントヘッドライトにも注目していくと、マイナーチェンジ前に比べて角ばった印象を受け、よりワイドでiX3のようにも。

そして最も注目したいのがキドニーグリルですが、新型4シリーズ/M3/M4のような巨大縦型キドニーグリルではなく、これもiX3のように”若干のサイズアップ”に留めているようです。

ちなみにこちらがピュアEV仕様の新型iX3。

先程のグリーンカラーに比べてブラックとのメリハリが効いていて、縦型基調のサイドエアインテークやフロントロアグリルデザインがはっきりと確認できますが、恐らくデザイン言語はほぼほぼ同じ。

iX3はグリル意匠がパネルデザインになり、サイドスカートやリヤロアバンパー部分にブルーのアクセントが追加されますが、新型X3ではグリルシャッター付きのメッシュに、ボディ同色のスポイラーを装着するなど、細やかな点で差別化が図られると考えられます。

新型X3のパワートレインやインテリアはどうなる?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう