【価格は94.4万円から!】フルモデルチェンジ版・スズキ新型アルトが2021年12月10日に世界初公開!ちなみに初代アルトの新車価格は47万円からって知ってた?【動画有】

あの価格破壊で有名なアルトが遂にフルモデルチェンジ!

さてさて、以前より当ブログでも定期的に公開してきたスズキのフルモデルチェンジ版・新型アルト(Suzuki New ALTO)ですが、遂に2021年12月10日(金)に世界初公開されました。

発売時期としては、前回からと変わらずの2021年12月22日(水)となりますが、今回の新型アルトでは、遂に5速MT/AGSトランスミッションを完全廃止し、エネチャージタイプとマイルドハイブリッドの2グレードに限定されたため、トランスミッションはCVTのみとなります(次期アルトワークスの販売予定も無いとのこと)。

なおグレード別主要装備については、以下の関連記事でもまとめていますので割愛しますが、それ以外のグレード構成やボディカラー、燃費、グレード別価格帯、メーカーオプション価格は、おさらいも兼ねてチェックしていきたいと思います。

▽▼▽関連記事▽▼▽


新型アルトのエクステリアを見ていこう

早速新型アルトのエクステリアを見ていきましょう。

デザインコンセプトとしては「気軽/安心/愛着」がベースになっているとのことで、先代8代目の丸目に近いヘッドライトレンズやフロントバンパーを採用する一方で、ボディスタイルはアルトラパン(ALTO Lapin)のようなボックスタイプにすることで、天井のクリアランスを大きくし、車内の居住性を向上させているとのこと。

リヤビューについては、先代のリヤロアバンパーに設けたリヤテールランプを廃止とし、日産マーチ(Nissan March)のような丸みを帯びたテールランプを採用するなど、この点は原点回帰を感じさせるデザインに。

インテリアは先代からのキープコンセプトでシンプルに

そしてインテリアにおいても、フルモデルチェンジでありながらも先代8代目から大きな変更を加えず、アルトの大きな特徴でもある「コストを徹底的に抑えた」インテリアに仕上げられ、しかし内装にはネイビーカラーを設けることでフレッシュな印象を与えていますね。

シート形状や車内の雰囲気も非常にシンプルで、デニム調のシート表皮はスズキならでは。

車内サイズとしては、全高+50mm/室内高+45mm/室内幅+25mm拡大し、フロントドア開口部の高さを+20mm拡大することにより、居住性と乗降り性を向上させています。

最近の軽自動車では、電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールドの装備が当たり前になってきましたが、新型アルトでは引続き手引き式のハンドブレーキを採用しているところは、スズキのブレないところ。

新型アルトのパワートレインやグレード、燃費は?

そして最も気になるパワートレインと燃費についてですが、新型アルトではR06D型の排気量660cc 直列3気筒エンジンとISG(モーター機能付き発電機)を組み合わせたマイルドハイブリッドと、R06A型エンジンをベースとしたエネチャージモデルの2種類がラインナップ。

グレード構成含め、各グレードの具体的な燃費は以下の通りとなっています。

【(2022年)新型アルトのグレード別WLTCモード平均燃費一覧】

◇A[エネチャージモデル]:[2WD]25.2km/L / [4WD]23.5km/L

◇L[エネチャージモデル]:[2WD]25.2km/L / [4WD]23.5km/L

◇HYBRID S[マイルドハイブリッド]:[2WD]27.7km/L / [4WD]25.7km/L

◇HYBRID X[マイルドハイブリッド]:[2WD]27.7km/L / [4WD]25.7km/L

新型アルトのボディカラーやグレード別価格帯、そしてメーカーオプション価格は、以下の次のページ(2ページ目)にてチェック!