フルモデルチェンジ版・ダイハツ新型ムーヴキャンバスのカタログが完全リーク!キープコンセプトながらも馴染みやすいマイルド顔で、フロントエンドに”CANBUS”バッジ付

2022-06-28

リーク元と具体的な販売店の情報も明らかになっているのは残念

いよいよ2022年7月5日に発表・発売予定となっている、ダイハツのフルモデルチェンジ版・新型ムーヴキャンバス(Daihatsu New Move Canbus)ですが、早くもこのモデルに関する社内簡易カタログが完全リークされています。

既に当ブログでは、新型ムーヴキャンバスに関するグレード構成やボディカラー、グレード別主要装備、グレード別価格帯、そして見積もり内容をどこよりも早くお伝えしましたが、まさかこんなにも早く同車の公式画像がリークされてしまうとは…

▽▼▽関連記事▽▼▽

基本的には初代ムーヴキャンバスをキープコンセプトにしつつ、新世代DNGAや新グレードのGターボ設定、そしてトレンドに合わせた新デザインと便利機能を採用するなど、かなり商品力は高まっているのではないかと思います。

早速リークされた新型ムーヴキャンバスをみていきましょう。


よりマイルド顔で馴染みやすいデザインへ

via:iwa

こちらが今回、完全リークされた新型ムーヴキャンバスの社内用カタログの表紙。

リーク元は、グーグルマップコントリビューターiwaで、実際にリンク元にアクセスしてみると、具体的なダイハツディーラーの名称も表記。

そしてリークされた画像を見ていくと、上の通りホワイト系の2トーンカラーを採用したストライプス(Stripes)というグレードで、モノトーンカラーを選択する場合だとセオリー(Theory)というグレードに分けられます。

ちなみにボディカラーは、ストライプス専用カラーとなるレイクブルーメタリック×シャイニングホワイトパールルーフ。

そしてエンジングレードも、おそらく新規設定のGターボではないかと考えられます。

こうして見ると、初代ムーヴキャンバスのデザイン言語を踏襲しながらも、よりキャラクターチックでなじみ深い顔つきなのが特徴。

フロントエンドの真円タイプのCANBUSエンブレムも廃止となり、その代わりとして”CANBUS”のレタリングバッジを貼付するところは、昨今のトレンドの一つとなっています。

バンパー形状やヘッドライト意匠など、細かく見ていくと異なる部分も多い

ちなみにこちらが、初代ムーヴキャンバスのフロントマスク。

同じ2トーンカラーながらも、やはりヘッドライト意匠やフロントフォグランプ周り、フロントエンブレムバッジ、カラー配色の変更(Vモーションっぽいライン)により、デザインベースは同じながらも印象は大きく変化しているのが確認できますね。

更に商品力を高めている新型ムーヴキャンバス

via:iwa

改めて新型ムーヴキャンバスのリーク画像をチェックしていきましょう。

既にお気づきの方も多いと思いますが、新型ムーヴキャンバスでは、フロント・リヤにクリアランスソナーが設けられ、フロントヘッドライト意匠を見ての通り、上位グレードG/Gターボに限りフルLEDが標準装備となるため、ようやくフロントウィンカーも非LEDにアップデートされます。

ただルーフアンテナに関しては、シャークフィン形状ではなくポールタイプなのがちょっと残念ではあるものの、その分中身の進化や商品力アップの方が大きめ。

ちなみに新型ムーヴキャンバスでは、G/Gターボにのみ電動パーキングブレーキ/オートブレーキホールドが標準装備され、エントリーグレードXでは足踏み式パーキングブレーキが標準装備され、メーカーオプションにて電動Pやオートブレーキホールドの設定は不可能となっています。

具体的なグレード別主要装備については、以下の関連記事にてまとめていますので、検討されている参考にしていただけますと幸いです。

▽▼▽関連記事▽▼▽

モノトーンタイプのセオリーはどんな顔つき?カラー別の新型ムーヴキャンバスは以下の次のページ(2ページ目)にてチェック!