かなり厳ついな…フルモデルチェンジ版・レクサス新型RXの最新ティーザー動画公開!ヘッドライト意匠はトヨタ新型カローラクロス似【動画有】

いよいよ新型RXの細部や雰囲気が明らかになってきた

2022年6月1日に世界初公開予定となっているレクサスのフルモデルチェンジ版・新型RXですが、遂にレクサス公式より新たなティーザー動画が公開されました。

おそらく発表前日までに様々なティーザー画像・動画が公開される可能性の高い新型RXですが、今回は暗めながらもフロントマスクを大胆に公開。

既にリヤテールランプ意匠などもリークされ(RX500h DIRECT4のバッジも…)、概ねどのようなデザインで登場するのかは明確ですが、今回のティーザー動画で更にデザインが明確になったのではないかと思います。

▽▼▽関連記事▽▼▽


新型RXは、思った以上に重厚感のある顔つきになりそうだ

こちらが今回新たに公開された、新型RXのティーザー動画。

レクサスが初めて公開したティーザー画像同様に、恐らくグレードは新世代ハイブリッドシステムを搭載する新型RX500h F SPORT(DIRECT4)×ホワイトノーヴァガラスフレーク。

そしてその重厚感と厳つさや迫力は現行RXと同様ですが、どことなくLXのような水平感を持たせたスピンドルグリルも印象的。

ちなみにスピンドルグリル部分を見ていくと、グリル全体がブラックアウトするのではなく、上部の紡ぐポイントがホワイトカラーに塗装されていることを考えると、恐らくボディカラーと同色のインテグレーテッドグリルをイメージしているのではないかと予想されます。

インテグレーテッドグリルは新型車のデザインアイコンにも

こうしたボディカラーと同色を用いたインテグレーテッドグリルは、最近のモデルだとホンダ新型ヴェゼル(Honda New Vezel)やフェラーリ新型ローマ(Ferrari New Roma)でも見られますが、先進性やクリーンさ、そして独自性をイメージ付ける手法として用いられることも。

ただ今回の新型RXの場合だと、その何れとは異なる”対比”と”レクサス独自”を主張したいのではないかと予想していて、スピンドルグリル全体のボディ同色にしてしまうとRZ450eとカブってしまったり、ピュアEVとガソリン(HEV)との差別化もハッキリしないため、行き着いた先が「ボディ同色とブラックアウトのハイブリッド」なのだと思われます。

いずれにしても、これまでのレクサスでは見られなかった(考えられなかった)フラッシュサーフェスなスピンドルグリルですし、新型NXに続く新たな一歩を踏み出したモデルになることは間違いなさそうです。

▽▼▽関連記事▽▼▽

新型RXのヘッドライト意匠は、トヨタ新型カローラクロス似?気になる続きは以下の次のページ(2ページ目)にてチェック!