フルモデルチェンジ版・トヨタ新型クラウン(235系)が2022年7月15日に発表予定もトヨタディーラーは不安?「発表直後から受注停止にならなければ良いが…」

2022-06-25

今回のフルモデルチェンジは「トヨタの覚悟」「グローバルに向けた新たな挑戦」だと伺える

さてさて、2022年7月15日に発表予定と同時に、グレード別価格帯や見積もり作成も可能になるというトヨタのフルモデルチェンジ版・新型クラウン(Toyota New Crown, 235系)。

一部のトヨタディーラーでは、新型クラウンの内外装デザインを顧客向けに公開しているところもあれば(もちろん撮影禁止)、なかには情報漏洩の絡みで公開していないところもあったりとバラバラ。

ただその一方で、新型クラウンの購入を検討しているユーザー向けに販売資料を公開しているところもあるそうですが、やはり「FRプラットフォーム廃止による前輪駆動(FF)化」や、「四輪駆動(E-Four or E-Four Advanced)のみのラインナップ」、そして「ハイブリッドのみで、V型6気筒エンジン廃止により直列4気筒ターボハイブリッドが採用される」など、現行以前のクラウンユーザーからの意見は様々なのだそう。

ただその一方で、トヨタはこれまでのクラウンのイメージを払拭し、全く新しいテイストにすることで新規顧客を獲得する狙いがあり、更にはグローバルモデルとして展開されるためにも「クラウン独特のおじさん臭さ」を無くすため、新人社員や女性デザイナーの意見を取り入れて開発が進められたともいわれています。


「爆発的な受注で…」ではなく、部品不足で長納期化することを不安視しているようだ

via:撮影:三橋仁明/N-RAK PHOTO AGENCY

これまでのクラウンの歴史を大きく覆すことになるであろう235系新型クラウンですが、今のところどこまで販売台数を伸ばすのかが全く予想できず、しかし思いがけない形で売り上げを伸ばすのでは?という見方もあったりと非常に楽しみな一台。

おそらくトヨタとしては、「クラウン」というブランドネームを借りながらも、全く未知数ともいうべき大幅変更を施した新世代モデルを発売することで、後々に登場するであろう既存ラインナップのフルモデルチェンジ版も、クラウンの様に大きく変貌を遂げて「ゼロからのスタート」を切りだすのではないかと考えられるんですね(これもおそらくカーボンニュートラルに向けたピュアEVにシフトするための試金石だと思われる)。

via:撮影:三橋仁明/N-RAK PHOTO AGENCY

ただその一方で、私がいつもお世話になっているトヨタディーラーの担当スタッフさんたちが大きく懸念していることが「受注一旦停止」。

この受注一旦停止というのは、「新型クラウンが爆発的に売れる」ことを懸念しての意味ではなく、シンプルに部品供給不足や半導体の供給不足で生産・納期が間に合わず、バックオーダー分を捌ききれずに早期的に受注ストップが掛けられるのでは?という想定外の方(もしかしたら爆発的な受注も想定外なのかもしれないですが…)。

その中でもディスプレイオーディオが懸念要素として大きい?

via:撮影:三橋仁明/N-RAK PHOTO AGENCY

特にディスプレイオーディオ関係になってくると、新型クラウンの場合だとBASEグレードのみディスプレイオーディオレスが標準装備され、HIグレード以上より新世代コネクティッドナビ対応の12.3インチワイドディスプレイオーディオが標準装備されることに。

メーカーオプションとしては、同じ12.3インチの新世代コネクティッドナビ対応ディスプレイオーディオPLUSが設定可能になるわけですが、このディスプレイオーディオの供給もしくは生産が間に合わずに受注ストップになってしまうのでは?という懸念もあるようです(あくまでも担当スタッフさんの予想であり、トヨタ公式の情報ではありません)。

既にディスプレイオーディオ絡みで受注を強制的に停止したモデルも?気になる続きは以下の次のページ(2ページ目)にてチェック!