レクサス・新型「NX」の簡易カタログを入手。美しさに磨きをかけた本気の一台、その内容を公開

2020-05-26

本日、レクサス宝塚さんにてマイナーチェンジモデルの「NX300/NX300h」の簡易カタログを入手。
今回は、以前よりお伝えしていた新型車特別商談会の開催に当たり、新型「NX」の簡易カタログの入手に加え、同車の見積もりも取得。

今回は、簡易カタログの内容を公開していきたいと思いますが、やはりレクサスの看板モデルだけあって、マイナーチェンジによる精巧な仕上がりと質感の向上により、更なる磨きをかけるというレクサスの本気が伝わってくる一冊となっています。

関連記事:7月15日(土)~17(月・祝)レクサス宝塚にて、新型車特別商談会が開催。新型「NX」の見積もりも取得可能に


さて、今回のマイナーチェンジにより「NX」のエクステリア・インテリアデザインや装備面等において変更・追加が行われることとなりました。

まずは、エクステリアデザインにおいて、以下画像は”F SPORT”以外のグレード(ベース、I package、Version L)となりますが、やはりフロントエンドデザインにおいては、スピンドルグリルが大型化したようにも思え、非常にアグレッシブな印象に。

エアインテーク部とフロントフォグランプが独立(フォグランプが下に移動)し、全体的なフロントマスクの印象がスポーティになりましたね。また、フロントグリルが「RX」「LX」と共通のレイヤーデザインとなり、非常に質の高い仕上がりに。

こちらは”F SPORT”グレード。
やはりフロントのスピンドルグリルは安定のメッシュ(網目)デザインとなっており、フロントフォグ部もメッシュになっていますね。

ちなみに、「NX」の”F SPORT”グレードでは、フロントのスピンドルグリル周りのメッキが新たな”漆黒メッキモール”となり、更にはフロントロアバンパーモールは高輝度シルバー塗装となります。
特に、漆黒メッキモールは、今度マイナーチェンジする「CT200h F SPORT」にも採用されることから、今後のレクサスのアイデンティティになるのかもしれません。

関連記事:レクサスのマイナーチェンジ版「CT200h」の簡易カタログを入手。その内容を公開

更には、三眼LEDヘッドライトのデザインも三連デザインから「RC」のようなデルタデザインに変更され、超小型LEDユニットが採用されたことにより、シャープ且つアグレッシブな表情に一新(マセラティ「レヴァンテ」やジャガー「F-TYPE」といった、細く釣り上がったライト形状)。

また、ウィンカーにおいても点滅式だったものが、「RX」「LX」と共通の流れるウィンカー(シーケンシャルウィンカー)が採用され、これでレクサスのSUVモデルが全て流れるウィンカーに対応となりますね(今後発売が予想される「UX」は不明)。

しかも、流れるウィンカーについては、オプションの三眼LEDヘッドライトでも標準の単眼LEDヘッドライトでも標準装備されるというのも有り難いところ。

インテリアにおいては、一番大きな変更点として、ナビゲーションサイズの拡大化により7インチから10.3インチ(新型「IS」と同様)に。

このナビサイズの拡大化は、現「NX」オーナーからすればかなりのウィークポイントだったのではないかと思いますし、今回のマイナーチェンジにより乗り換えを検討されるオーナーも多いのではないかと思います。

また、今回のマイナーチェンジにより、リモートタッチ機能が新しくなるとのことですが、今のところ詳細は不明。
個人的には、マウスタイプが好みではありますが、先日の「LC500h」に試乗した際に操作した、なぞるタイプのリモートタッチのレスポンスが非常に良かったため、今回もそのレスポンスの向上が図られているのではないかと推測しています。

インテリアシートにおいては、単色をメインとしデザインが採用されており、インテリアの選択幅は以前とあまり変わり内容に思えますね。
ちなみに、インテリアカラーのラインナップは以下の通り

【Version L(シート材質:本革)】
○リッチクリーム
○オーカー
○ダークローズ
○ブラック

【F SPORT(シート材質:”F SPORT”専用本革)】
○フレアレッド
○ホワイト
○ブラック

【I package(シート材質:L tex(一部合成皮革を使用))】
○リッチクリーム
○オーカー
○ダークローズ
○ブラック

【ベース(シート材質:ファブリック)】
○ダークローズ
○ブラック

ちなみに、こちらは”F SPORT”グレード専用インテリアとなりますが、今回のマイナーチェンジにより「”F SPORT”専用フレアレッド」という深みのあるレッドとブラックのバイカラー本革シートが採用に。
しかもフロントシートとリヤシートでデザインが反転するというのもかなりの魅力ポイントですね。

ボディカラーは、全部で12色とかなり多彩になりました。
“F SPORT”グレードに関しては、以前の一部改良より追加された”ラヴァオレンジクリスタルシャイン”と”ヒートブルーコントラストレイヤリング”がレギュラーカラーに。

・ソニッククォーツ
・マーキュリーグレーマイカ
・プラチナムシルバーメタリック
・ソニックチタニウム
・ブラック
・グラファイトブラックガラスフレーク
・レッドマイカクリスタルシャイン
・アンバークリスタルシャイン(F SPORTは選択不可)
・スパークリングメテオメタリック(F SPORTは選択不可)
・ホワイトノーヴァガラスフレーク(F SPORT専用カラー)
・ラヴァオレンジクリスタルシャイン(F SPORT専用カラー)
・ヒートブルーコントラストレイヤリング(F SPORT専用カラー)

安全機能については、”Lexus Safety System+”の標準化により、「プリクラッシュセーフティシステム」「レーンディパーチャーアラート」「オートマチックハイビーム」「レーダークルーズコントロール」が標準装備となっています。

また、今回のマイナーチェンジに合わせて、これまでレクサスが公開してきた型式に変更があるとのことで、「NX200t」や「IS200t」といったターボエンジンモデルが「NX300」「IS300」(排気量3.0Lに相当)に改名されるとのこと。

各グレードの仕様は以下の通りとなっています。

【主要諸言】
①エンジン
 NX300・・・排気量2.0L 直列4気筒ターボエンジン
 NX300h・・・排気量2.5L 直列4気筒+ハイブリッドシステム
②全長×全幅×全高(mm)・ホイールベース(mm)
 NX300/NX300h・・・4,640×1,845×1,645・2,660
③エンジン最高出力/最大トルク
 NX300・・・238ps(4,800~5,600rpm)/350Nm(1,650~4,000rpm)
 NX300h・・・145ps/記載無し
④トランスミッション
 NX300・・・6 Super ECT(スーパーインテリジェント6速AT)
 NX300h・・・電気式無段変速機

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう