レクサス「CT200h F SPORT」洗車。あらゆるところに子キズが増え、定期補修必須【動画有】

2020-05-26

さて、レクサス「CT200h F SPORT」を洗車。
洗車は定期的に行っているのですが、洗車の記事自体は約3か月ぶりの投稿となりますね。

ちなみに今回は、大型移動が連続的に重なってしまってしまい、山道での走行も多かったため、汚れが異常に目立つ状態に。
今回も、汚れを落とすことはもちろんのことですが、次の洗車を楽にするための定期洗車となります。


今回の洗車ラインナップは

①タイヤ・ホイール水洗い
②ボディ手洗い
③車体全体洗い流し
④ボディ拭き上げ
⑤ドアパネルや内側の窓などの拭き上げ
⑥タイヤ・ホイール拭き上げ
⑦フロントガラスへの撥水施工
⑧写真撮影

という流れになります。
ちなみに、こういった洗車記事をアップすると、「どうやって洗車しているんですか?」といった問い合わせがありますが、何か参考になるような動画がないかを検索していたところ、ちょうど良いものを発見。

私も以下の動画のような方法で、シャンプー液を泡立てて、シャンプー液を含ませたスポンジを絞るような形でボディ全体に馴染ませ、その後撫でるようにボディを一直線方向に洗っていきます。

ただ、洗車を定期的に行うと、確かに汚れは落ちやすいとは思いますが、それと並行してキズも付きやすくなってしまうという問題もあるため、細心の注意を払いながら行う必要がありますね。
また、洗車する時間帯や天候も注意が必要で、私の場合、太陽が昇る前(又は沈んだ後)が理想的で、太陽が差しているときに洗車を行うと、水滴跡(ウォータースポット)が残ったり、ボディが熱によって変形しやすくなり、拭き取り時のキズが余計につきやすくなります。
上記の継続は、2年後3年後にも大きく影響するため、やはり日々のメンテナンスというのは非常に重要ですし、大事な愛車を所有する上での基本にもなってくると思われます。

ただ、それでもやはり走行時についてしまう子キズや微妙な擦り傷、飛び石キズもあるわけで、こういった問題は回避しようにも中々できないところ。
プロテクションラッピング(保護フィルム)をしてしまえば、ほとんどボディにキズが付かずに済むのですが、施工費用が高額(約30~50万円)なので、手を出すにはかなりの勇気がいります。
そういったときには、タッチペンなどの補修グッズがあると便利なので、最寄りのディーラもしくはカーショップにて事前に購入しておくのも良いかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう