今後は、全てのモデルがNISMOに?日産・NISMOモデル「ジューク/エクストレイル/フェアレディZ」等フルラインナップを動画にて【動画有】

2020-05-27

日産のスポーツグレードに位置するNISMO(ニスモ)モデル。
今回、Car and Moto in JapanよりNISMOラインナップが展示された動画が公開に。
公開されている動画では、「GT-R」をはじめとする「セレナ」「フェアレディZ」「ジューク」「ノート」「マーチ」「エクストレイル」といった、現行ラインナップモデルをピックアップしていますが、今後日産が市販化していく既存モデルや最新モデルについては、スポーツグレードとしてNISMOモデルがラインナップされるかもしれないとの噂が浮上。

とはいっても、現ラインナップでは「エクストレイル」ではNISMOパフォーマンスパッケージ(ボディキット)を装着することで”NISMO”風に見立てた(トヨタで言うTRDエアロキットを装着することに類似)ケースが多く、これは海外仕様の「マイクラ」でも同様のことがあり、その流れに合わせてきたという背景もあるため、”後付け感”はどうしても拭いきれないところ。


しかし、NISMOグレードを設定すれば、以下の「リーフNISMO」のように、フードやルーフ、サイドミラーカバー、ホイール、クローム系のドアハンドルが標準的な装備となるためパーツ全体がメーカ保証の対象にもなるだけでなく、”後付け感”もクリアすることにもなります(もちろん、これは「GT-R」や「フェアレディZ」にも同様のことが言えます)。

なお、アメリカ市場向けとして登場されている新型「セントラ」にもNISMOモデルがラインナップされるわけですが、特にアメリカ市場においてはナゼかこのスポーツモデルが非常に不評らしく、これまでのNISMOラインナップと同様のデザインであること、そして「ノート/リーフ」のデザインに酷似しているということもあって、日産の”黒歴史”にならないかは正直心配なところ。
日産は今後、こうしたスポーツグレードをどのように確立していくかは気になるところですが、レクサスのように車種によって”F SPORT”というモデルラインナップするもの、しないものを分けてどういった人物にターゲットを置くべきかを考慮していく必要性がありそうですね。

関連記事:アメリカ向けに日産・新型「セントラ」を販売開始。ダウンサイジングターボ搭載で価格は約204万円から

【Nissan “NISMO Lineup” (1) GT-R, Serena, Leaf, Fairlady Z, Juke, Note e-POWER】

【Nissan “NISMO Lineup” (2) GT-R, Serena, Fairlady Z, Juke, Note, March, X-Trail】

Reference:autoevolution