これが過激チューナの神髄。マツダ「RX-7 FD3S」をド派手なリベット丸出しオーバーフェンダー&過激メッシュホイールでゴリゴリにしてみた

2020-05-26

これまた過激なロケバニ仕様の「RX-7 FD3S」が登場

マツダの第3世代となるロータリースポーツモデル「RX-7 FD3S」を、過激チューナの手によってノーマル仕様からド派手改造でゴリゴリに。
今回このド派手な改造を施したのは、日本を代表するリバーティーウォーク…ではなくてTRA京都のロケットバニーキット(通称:ロケバニ)とストラッセホイールのSC20クラシック鍛造アルミホイールセット。
改造とは言っても、足元のホイールのキャンバー角を変えて鬼キャン風&VIP仕様にするわけではなく、最適なフェンダーカットによるツライチ調整が行われた真面目スタイルとなっています。


ホイールはレトロでモダンな雰囲気を持つメッシュタイプ

特に足元のSC20クラシック鍛造アルミホイールは、凹型のアウトセットタイプで、グロスブラッシングセンターやハイポーリスリップ、グロスブラックハードウェアの組み合わせにより、レトロでモダンな雰囲気を演出しています。

ちなみに、ホイールに名づけられたSC20の”20”とは20インチホイールを示しているのですが、実際に「RX-7 FD3S」にはフロント18インチ×9.5j、リヤ18×10.5jが装着されているとのこと。
加えて、カスタムホイールを装着する上でホイールリムがフロント・リヤフェンダーからはみ出さないように車高調整を行うものですが、この個体ではそれを行わず、純正のフェンダーをブッタ切って、エアロスタイルのリベットを使用したボルトンオーバーフェンダーを装着。
これに加えてリヤディフューザーとブーツリッドスポイラーも装備しています。

なお、ホイールサイズは18インチ~24インチまで選択が可能で、インチ幅は4.5インチ~13インチまでかなり幅広くラインナップされています。
ボルト締結パターンも何種類か準備されており、顧客の要望次第ではセンターロック式もオーダー可能とのことです。

☆★☆ロケバニ関連記事4選はコチラ!☆★☆

ロケバニカスタムの車高ベッタベタな日産「GT-R」が公開。ADV.1ホイール装着で猛毒注意!(2018/9/6投稿)
魂動が響くスポーツカー。マツダ「RX-7」をロケバニ仕様に変態カスタム(2018/1/20投稿)
ギャップ凄すぎ。ドイツの人気セクシー女優が750馬力超え&ド派手カスタムの日産「GT-R」を公開【動画有】(2017/12/4投稿)
内・外装全てが変態、カーボンフル活用。ロケバニカスタムの/BMW「M3」が登場【動画有】(2017/12/1投稿)
ロケバニじゃないぞ!日本チューナー・TRA京都がパンデムパッケージにてBMW「M3」を過激カスタム【動画有】(2017/11/19投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう