やはり売れないようだ…クライスラー300Cをロールスロイス・ゴースト仕様に改造したレプリカモデルが600万円→435万円へと大幅値下げ

ロールスロイス・ゴーストが激安で販売中?

前回、中古車インターネットサイト・グーネットにて、何とも珍しいロールスロイス・ゴースト(Rolls-Royce Ghost)…ではなく、ゴースト仕様に改造したクライスラー300C(Chrysler 300C)が販売されていたことをご紹介しました(2018年10月1日)。

前回紹介してからちょうど2年半が経過しましたが、当時の価格帯が600万円とあまりに高額だったのか、2021年4月1日現在は大幅値下げの495万円にて販売されています。

早速どのようななエクステリアに改造されているのか?本当にゴーストにそっくりなのかチェックしていきましょう。


確かにロールスロイス・ゴーストにそっくりだ

こちらが中古車サイト・グーネット(販売元は千葉県のカープロデューゲインズさん)にて販売されているロールスロイス・ゴースト仕様のクライスラー300C。

フロントフードにあるスピリット・オブ・エクスタシーやフロントヘッドライトのデザイン、更にはボディカラーの配色からしても、見た目はほぼロールスロイスと見間違えてもおかしくないのですが、ご安心ください。中身はクライスラーですよ。

正面から見ても違和感のない大口化されたヴァーティカルスリット式のグリルに、四角いハウジングを組み込んだフロントヘッドライトですが、これらは全てワンオフ用として生み出された世界に一つだけのボディキットとなります。

ちなみに、フロントヘッドライトはLEDではなくHIDを搭載。

リヤデザインも完成度高くゴーストに寄せてきてますね。

リヤテールランプも移植しているため、パッと見では本物と見間違えてもおかしくない完成度の高さです。

ホイールはまさかの本物。徹底してます

ホイールは何と純正の20インチ大口径アルミホイール。

ロールスロイスのエンブレム(RR)がデザインされたセンターキャップには、ベアリングが付いているので4本全て綺麗に垂直に装着されています。

そのため、走行中でもタイヤと回転せずに垂直で止まったままとなっています。

インテリアはまぁ…仕方なし?

気になるインテリアもチェック。

ステアリングホイールの中央にも”RR”のエンブレムが貼付されていますが、やはりチープ感は否めないですね。

一応、SDナビとフルセグTVは内蔵されているので、実用性には困らないと思います。

リヤシートはこんな感じ。

足元のスペースが非常に窮屈に感じるかもしれません。

リヤドアも観音開き式のコーチドアではなく、単純な横開き式となっています。

気になるパワートレインは、排気量5.7L V型8気筒HEMIエンジンを搭載し、最高出力360ps/最大トルク528Nmを発揮。

中古車市場価格は先述の通り600万円→495万円へと値下げされていますが、ゴーストを新車で購入しようと思うと最低でも5,000万円はするので、雰囲気だけでも味わいたいという方にはオススメの1台かもしれません。

☆★☆中古車サイト関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:グーネット

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう