遂に来た!国内限定200台のみとなるホンダ新型シビック・タイプR”リミテッド・エディション(Limited Edition)”の中古車が販売中!気になるそのプレミア価格は?

一般先着枠は僅か”6秒”にて完売したFK8最後の特別仕様車が遂に中古車サイトにて登場!

ホンダのマイナーチェンジ版・新型シビック・タイプR(Honda New Civic Type R, FK8)をベースに、国内限定200台のみ販売された特別仕様車リミテッド・エディション(Limited Edition)ですが、早くもこのモデルがインターネット中古車サイト・グーネットにて販売されています。

2020年11月30日の発売以前にすでに完売していたリミテッド・エディションですが、「最後のFF/最後の内燃機関モデル」と謳われているモデルなだけあって、高確率で投機目的にて購入するユーザーも存在することから、ホンダ側も転売防止のために様々な対策を施してきました。


リミテッド・エディションは決して簡単に購入することのできない高嶺の花

ちなみにリミテッドエディションは、最初のロットNo.1~10の10台分はネット抽選、ロットNo.11~140の130台分が各県の代表ディーラーに1~2台割り振られる特別販売枠、そしてロットNo.141~200の残り60台が先着オーダー枠で、先着オーダー枠はいわば「早い者順」なんですね。

つまりはホンダディーラーの正確かつスピーディーな操作に全て委ねられるのですが、この先着オーダー枠が10月9日の午前9時に受付けスタートして、僅か「6秒」で完売したそうです(ホンダディーラー情報より)。

▽▼▽関連記事▽▼▽

台数ももちろん少ないため、競争率も圧倒的に高いことは確実なのですが、その分購入後のプレミア価値も約束されたような一台。

とはいえ、まさか発売されて僅か3か月ほどにてインターネット中古車サイトに登場したのは予想外でした。

それでは早速、中古車サイトにて販売されているリミテッド・エディションの仕様やロットナンバー、気になる価格帯はいくらなのか?チェックしていきましょう。

グーネットにて掲載の本体価格は「ASK」

こちらが今回、グーネットにて販売されている特別仕様車のシビック・タイプR”リミテッド・エディション”。

年式はもちろん2021年モデルで、走行距離は1,000km以下(厳密には787km)、ボディカラーは特別仕様車のみ選択できるサンライトイエローⅡにペイントされています。

気になる車両本体価格ですが、既に販売元であるユーポス安曇川店さんに問い合わせ済みなので、記事の最後の方にて公開したいと思います。

特別仕様車シビック・タイプR”リミテッド・エディション”のコンディションは?正式な中古車販売価格はいくら?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう