フルモデルチェンジ版・トヨタ新型ランドクルーザー300がまたしても完全リーク!今度は6穴式アルミホイールや内ドア、車台が明らかに?

新型ランドクルーザー300の細部が少しずつリーク

いよいよ2021年3月より概要が明らかになる予定のフルモデルチェンジ版・トヨタ新型ランドクルーザー300(Toyota New Land Cruiser 300)ですが、このモデルのアルミホイールや内ドアのデザイン、更には車台が完全リークされています。

インスタグラムユーザー:@LandCruiserUpdatesによって完全リークされた新型ランドクルーザー300の各種パーツですが、おそらく輸出向けの個体がたまたまスパイショットされたものと予想され、今後こういった画像がランクル専用アカウントによって続々と公開されていくかもしれません。

早速どういったデザインなのかチェックしていきましょう。


タイヤホイールは20インチぐらいありそうだ

こちらが今回完全リークされた新型ランドクルーザー300のアルミホイール。

ホイールサイズは不明ながらも、現行ランドクルーザー200の最上位グレードZXに装着されるような20インチぐらいの大口径アルミホイールだと思われ、扁平率も高めと予想。

そしてマルチスポークにシルバー塗装が施され、ホイール締結部が6穴式であることも確認できますね。

参考までに現行ランドクルーザー200 ZXのタイヤサイズは、5穴タイプの285/50 R20インチタイヤ+20インチ×8.5Jアルミホイールとなるため、このサイズと同等もしくはそれ以上のサイズ感になることが予想される一方、現行200からのタイヤホイールを流用できないのはちょっと残念。

なぜか後席ドア単体もリーク

そしてこちらが新型ランドクルーザー300の内ドア部分。

形状的には後席側のドアだと思われますが、内ドアハンドルはストレートタイプで新型ハリアー(New Harrier)のパーツを流用しているようにも見えます。

▽▼▽関連記事▽▼▽

そうなるとメッキ加飾された内ドアハンドルではなく、樹脂+塗装でちょっとチープに思える部分かもしれません(現時点ではあくまでも見た目だけでの判断)。

そしてアームレスト部分を見ていくと、ブラックの合成皮革と思えるところがあり、オーナメントパネルはブラウン系のウッド調パネルにも見えますが、この点はグレードやカラーリングによって素材、色味が変更してくるものと予想されます。

新型ランドクルーザー300は既に納期1年近く待ち?一部のディーラーにて発売前から予想外の出来事が…気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう