フルモデルチェンジ版・トヨタ新型ランドクルーザー300の図面(技術情報)が完全リーク!エクステリアや6穴締結のアルミホイールデザインも

この資料が本物であれば、かなりマズいリークかもしれない

さてさて、2021年6月にスタッフマニュアルがディーラー配信され、同年8月上旬に発売予定となっているトヨタのフルモデルチェンジ版・新型ランドクルーザー300(Toyota New Land Cruiser 300)ですが、遂に図面の一部(技術情報)と思われるものが完全リークされています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

海外自動車サイトPrado-club.suよりリークされた今回の図面ですが、新型ランドクルーザー300のフロント・リヤデザインに加え、足もとのアルミホイールデザイン、締結ナット、そしてホイール用のセンターキャップなどが描かれています。

一体どのようなデザインとなるのか?早速チェックしていきましょう。


早速新型ランドクルーザー300の技術資料を見ていこう

こちらが今回完全リークされた新型ランドクルーザー300の技術資料。

既に様々なデジタルアーティストやメディアがイメージレンダリングを公開し、ロシアからもカモフラージュされたデモカーがリークされているため、ある程度のデザインは把握しているものの、それに近いデザイン言語を持っているように見えます。

なおフロントフロントマスクは大口化したフロントグリルが設けられ、フロント・リヤランプはワイド且つスクエア型ではありますが、リヤテールランプは昨今のトレンドでもある一文字ではなさそうですね。

そしてこちらがラジエーターグリル周り。

グリルパターンは水平基調にメッキ加飾が入ったオラオラ系のグリルになりそうですが、この点は自動車情報誌マガジンXさんが公開したドローイング資料とほぼ同じデザインだと思われます。

こちらはエンジン関連の技術資料でしょうか。

ちなみに日本市場には、排気量3.5L V型6気筒ツインターボエンジンと、排気量3.3L V型6気筒ディーゼルターボエンジンの2種類がラインナップされる予定で、グレード構成は以下の通り。

【新型ランドクルーザー300・グレード構成一覧】

[ディーゼルモデル(4WD)]
◇最上位グレード:GRスポーツ(GR-Sport)
◇上位グレード:ZX

[ガソリンモデル(4WD)]
◇上位グレード:VX
◇中間グレード:AX
◇エントリーグレード:GX


【新型ランドクルーザー300のパワートレイン】

◆ディーゼルモデル・・・排気量3.3L V型6気筒ディーゼルターボエンジン

◆ガソリンモデル・・・排気量3.5L V型6気筒ツインターボエンジン

ホイールは全5種類で、締結穴は5穴→6穴に

そしてこちらは足元のホイールデザイン。

全5種類のデザインが公開されていますが、左上から「17インチ×7J(スチールホイール)」「18インチ×7.5L(アルミホイール)」「18インチ×7.5J(アルミホイール)」「18インチ×7.5J(アルミホイール)」「20インチ×8J(アルミホイール)」をラインナップ。

17インチ/18インチ/20インチの3種類で、17インチのみ鉄チンホイール、それ以外はアルミホイールになるわけですが、19インチはラインナップされないようですね。

しかも注目してい欲しいのはその締結方法で、基本的にはナットでの締結となりますが、締結穴は5穴ではなく6穴式になるため、先代ランクル200のホイールを流用できないのが残念なところです。

新型ランドクルーザー300の細部のパーツも少しずつリーク中…気になる続きは以下の次のページにてチェック!