スーパーカーをラリー仕様にしたら?というレンダリング8選。ブガッティ「ディーヴォ」やランボルギーニ「アヴェンタドールSVJ」等の最新モデルも

2020-05-27

スポンサーリンク

大人気スーパースポーツモデルをラリーカーにしてみた!

これまで億越えレベルのスーパースポーツカーやエントリーモデルでリーズナブルなスーパースポーツが販売されてきましたが、そういったモデルをラリーカー仕様にしてみたら?というレンダリングが公開されています。

例えば世界限定40台で、車両本体価格 約6.4億円のブガッティ「ディーヴォ」のラリーモデルが公開されているのですが、フロントエンドには6つ以上のヘッドライトが設けられ、足元のホイールはラリーベースのモノブロックタイプ、そしてサイドミラーは非常にコンパクトなデザインに改良されています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

意外にもスーパーカー×ラリー仕様はベストマッチ?

こちらは世界限定80台のみ販売され、日本ではZOZOTOWN CEOの前澤友作 氏もオーダーしたケーニグセグ初のPHVモデル「レゲーラ」。
フロントグリル部には4つのヘッドライトが追加されており、オフロード仕様にカスタムされた足回りが何とも印象的ですね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

こちらはアメリカのスーパースポーツモデル「フォードGT40」。
やはりそのレトロチックなデザインとスタイリングはラリー仕様に非常にマッチしていますね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

こちらはフェラーリのエントリーモデル「ポルトフィーノ」。
フロントグリルに4つのヘッドライトが設けられたのかと思いきや両サイドにはプランシングホースのエンブレムを設けた何ともオシャレなデザイン。

▽▼▽関連記事▽▼▽

これがまた意外にもマッチしている世界源手い900台のみ販売されたランボルギーニ「アヴェンタドールSVJ」。
ランボルギーニに小口径タイヤとのミスマッチさはあるものの、こうしたマルティーニ風に仕上げたデザインは非常にGood。

▽▼▽関連記事▽▼▽

こちらは世界限定500台のみ販売された「マクラーレン・セナ」。

▽▼▽関連記事▽▼▽

ゆくゆくは100%電気自動車のラリーも実現するかも?
テスラ「モデルX」。

▽▼▽関連記事▽▼▽

最後は何ともマニアックなイギリス3輪車モデル・リライアント「ロビン」。
映画「Mr.ビーン」にも登場し、事故したモデルとしても有名ですね。

【First Ever Reliant Robin Crash | Mr. Bean Official】

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう