トヨタは「スープラ/86」以外にもスポーツカーをラインアップする予定。一番濃厚なのは「MR2」?

2020-05-27

トヨタは「スープラ」以外のスポーツカーを発表する?

トヨタは先日、アメリカ・デトロイトモーターショー2019にて新型「スープラ」を発表し、現在のラインナップモデルでは「86(GT86)」も製造していますが、同社は将来的に更に多くのスポーツカーをラインナップする可能性があることがわかりました。

これは、デトロイトモーターショーにてトヨタが新型「スープラ」を発表した際に、トヨタCEOである豊田章男 氏が「我社は更にスポーツカーを増やしていきたい。SUVも確かに良いが、タイトな後輪駆動(FR)モデルのスポーツカーが登場した今、トヨタは更なるモデルを見出していく必要がある」と提案した模様。


ハイブリッド搭載のスポーツカーもラインアップの可能性が

ただ、豊田CEOが説明した「スポーツカー」とは、新型「スープラ」のような2ドアスポーツクーペだけを示しているのではなく、一般的なモデルを更にハイパフォーマンスに仕上げたモデル全般を指している可能性が高く、そうなると今後発表されるであろう「ヤリス(ヴィッツ)」や「カローラ・スポーツ」に基づくGRバッジ付のホットハッチモデルがラインナップされるかもしれません。

その一方で、よりスポーツカーの位置にある「MR2」も、いずれは新しくなって登場するとの噂がありましたが、これについてはハイブリッドモデルとして登場するのか、それともオールエレクトリックモデルとして登場するかはわからないものの、トヨタとしてはこのモデルを含む過去のスポーツカー(セリカも含む)を蘇らせたいという願望は相当に強い模様。

なお、年内にはトヨタから「スープラ」以外の何かしらのスポーツカーがラインナップされるとの噂もありますが、これについては予測が付いていないものの、「スープラ」よりも更にリーズナブルな一台が登場するかもしれません。

☆★☆トヨタ・スポーツカー関連記事4選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう