2020年モデルのケーニグセグ・ハイブリッドハイパーカーは最もリーズナブルな価格になる模様。それでも約1.3億円だけどね

2020-05-27

スポンサーリンク

ケーニグセグが遂にエントリーモデルを製造する?

スウェーデンのハイパーカーメーカであるケーニグセグは先日、オールエレクトリックもしくはハイブリッドモデルの開発に向けて、NEVS(National Electric Vehicle Sweden)とパートナーシップ契約を結んだばかりですが、その最初の記念すべきモデルとして、ケーニグセグ初となる”エントリーモデル”のハイパーカーを製造することがわかりました。

スポンサーリンク

エントリーモデルの登場で更なる生産性をアップさせる計画に

ケーニグセグは現在、年間販売台数を約20台→100台以上にすることを目標にしていて、その販売台数の後押しをするのがエントリーモデルになると言われています。
このモデルは、世界限定80台のみ販売されたPHVモデル「レゲーラ(Regera)」や、ハイパフォーマンスモデル「アゲーラRS」とは大きく異なるモデルになるとのことで、恐らくデザイン性も全く異なる新しい一台になることが予想されます。

今回のことについて、ケーニグセグCEOであるクリスチャン・フォン・ケーニグセグ氏は、「現在我社が製造しているモデルたちは、2年以上の納期がかかっています。しかし、我社のスーパーエクスクルーシブなカスタムメイドのスーパーカーをもう少し安い価格にて製造することができ、更には製造台数も更に増やすことができるのであれば、より顧客にとって需要のあるメーカになるだろう」とコメントしていることから、エントリーモデルの存在を否定していないことがわかります。

エントリーモデルといった1億円以上はマスト

なお、肝心のエントリーモデルの気になる価格帯については、どんなに安いといっても約1.3億円ぐらいで、新車の「ラ・フェラーリ」やブガッティ「ヴェイロン」が購入できるレベル。
もちろん、約3億円もする「アゲーラRS/レゲーラ」に比べたら半額以下にて購入できますが、パガーニのように年間生産台数も少ないですし、ランボルギーニやフェラーリ等とは異なる更に価格レベルの高いメーカの一つであることがわかります。

ちなみに、新しくパートナーシップ契約を結ぶNEVSからは、グリーンテクノロジーの専門知識を使って新しいプロジェクトに貢献していくとのことで、更にはスウェーデンのTrollhattanにあるNEVSの工場と中国にあるその流通チャンネルを使って、ケーニグセグの活動規模を更に拡大していく計画をもっています。

☆★☆ケーニグセグ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう