北海道・苫小牧にて発生した最悪の追突事故。逮捕された桜庭豊 容疑者「(パチンコ店に行った後に)運転前からイライラしていた。クラクションも鳴らされて更にイライラした」【動画有】

北海道・苫小牧での殺人未遂&追突事故が発生した理由があまりにも自分勝手だった

2021年6月18日の午後、北海道苫小牧市のコンビニ駐車場にて、桜庭豊 容疑者(32)が運転していた軽自動車が別の車両に執拗に追突し、更には警察に通報していた(自転車に乗っていた)高齢男性にも追突・殺意をもってはねたとして、桜庭容疑者が殺人未遂の疑いにて逮捕されました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

今回のあまりにも酷い追突事故や殺人未遂が起きる前、桜庭豊 容疑者はパチンコ店に行っていたそうで、その後パチンコに負けてしまったのか「運転する前からイライラしていた」と供述していて、そのイライラを解消するために追突事故を引き起こしたとのこと。


ミニバンに何度も追突した理由は”あまりにも小さな理由”だった

なお追突事故の被害を受けたミニバン(乗用車)を運転していた女性についてですが、どうやら首にケガを負った疑いがあるとして捜査が進められているようです

とはいえ、怒りに任せて追突事故を起こすにはあまりにも理由が不足しているようにも感じられますが、そもそもどうしてミニバンに追突したのでしょうか?

その理由はあまりにも自分勝手で、運転する前からイライラしていたことに加え、「クラクションを鳴らされて、更にイライラした」とのことから、執拗に追突を繰り返し、自身のストレスを発散させていたのではないかと考えられます。

逃げても逃げても執拗に追突される恐怖

コンビニに逃げる乗用車に対し、執拗に追いかけまわしては追突を繰り返す桜庭豊 容疑者。

もはや恐怖でしかない今回の事故ですが、運転していた女性は首のケガ以上に、精神的なダメージも相当に大きいのではないかと予想されます。

そして一番衝撃的だったのはコチラ。

執拗に追突を繰り返す軽自動車を見て、自転車に乗っていた高齢男性が警察に通報しようと電話したところ、それに気づいたのか桜庭豊 容疑者は、高齢男性を跳ねる行為に。

桜庭容疑者は「殺意はなかった」と話していますが、このような映像を見ると「殺意を持っている」と思われても仕方のない行動だと思います。

なお桜庭容疑者が運転する軽自動車の助手席には、親族が乗られていたとのことですが、おそらく運転を止めようにも怖くて止めることができなかったのかもしれません。

【「運転前からイライラしてた」暴走し何度も追突の男(2021年6月22日)】

悪質な駐車が繰り返される高速道路SA/PAでのオフ会/ミーティングとは?気になる続きは以下の次のページにてチェック!