総資産17兆円。ランボルギーニ「ヴェネーノ」や「ライカン・ハイパースポーツ」等を所有するアマゾンCEOのジェフ・ベゾス氏のカーコレクションを見ていこう【動画有】

2020-05-27

スポンサーリンク

~アマゾンCEOの総資産は17兆円に到達していた!~

アメリカ経済誌フォーブスの世界長者番付にて常にトップに立ち、史上最高記録となる総資産約17兆円を保有(第2位のマイクロソフト創設者 ビル・ゲイツ氏とグーグル創設者 ラリー・ペイジ氏の資産を足し合わせた額に相当)するアマゾンCEOのジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)氏ですが、彼が所有する車やプライベートジェット、クルーザー、建物などを紹介する動画が公開されています。
世界的な影響力を持つジェフ・ベゾス氏は、一体どのようなクルマを所有しているのか早速チェックしていきましょう。

スポンサーリンク

~ジェフ・ベゾス氏は何を所有しているのか見ていこう~

No.1 Wモータース「ライカン・ハイパースポーツ」

一発目からいきなり度肝抜かされる中東のスーパーカーメーカであるWモータース「ライカン・ハイパースポーツ」。世界限定7台の販売され、映画ワイルドスピード7(ワイスピ)にも登場した空飛ぶライカンとしても有名な一台ですね。
その価格は約3億円と非常に高額ですが、オプションには何とダイヤモンドやサファイア等もヘッドライト周りに埋め込むことができ、総支払額は余裕4~5億円を超える究極の一台となります。

▽▼▽関連記事▽▼▽

No.2 ホンダ「アコード」

約3億円のクルマから一転して庶民的なクルマでもあるホンダ「アコード」。
実はこのクルマ、長者番付にて上位に君臨する経営者や投資家が多く乗るクルマとしても有名で、あのフェイスブックを立ち上げたマーク・ザッカーバーグ氏も所有するほど。
セダンモデルのなかでもとり回しの良い一台のようで、非常に実用性の高い一台なのでしょうね。

No.3 ランボルギーニ「ヴェネーノ」

続いてはランボルギーニが世界限定3台のみ販売(プロトタイプ含めて4台存在)した「ヴェネーノ・クーペ」。
アメリカの実業家クリス・シン氏も愛用する一台で、スペックは「アヴェンタドールSV」と同じ排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力750psを発揮。
価格は、販売当時世界最高額ともいえる約4億円ですが、現在の中古車市場価格は10億円以上ととんでもないリセールを持つ一台でもあります。

▽▼▽関連記事▽▼▽

No.4 フェラーリ「セルジオ」

フェラーリが世界限定6台のみ販売した「セルジオ」。
「458スパイダー」をベースにしたオープンモデルですが、その価格は超高額の約4億円。
現在はようやく落ち着いていますが、その希少価値の高さから中古車市場では約6億円以上にて販売されていました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

No.5 ブガッティ「ヴェイロン(マンソリー仕様)」

これが本当かは今のところ不明ですが、ドイツの有名チューナーでお馴染みマンソリーがカスタムした世界で2台しか存在しないブガッティ「ヴェイロン・ヴィヴェーレ(Veyron Vivere)」も所有している模様。
ブラックの部分はほぼ全てカーボンパーツを使用している個体で、その価格は総額3億円以上とも言われています。
ちなみに、ヴィヴェーレはイタリア語でLiveを意味するそうです。

▽▼▽関連記事▽▼▽

No.6 ケーニグセグ「CCXRトレヴィータ」

ケーニグセグが僅か2台しか製造しなかった究極限定モデル「CCXRトレヴィータ(CCXR Trevita)」。
「CCXRトレヴィータ」は、2015年8月当時、”世界で最も高い”といわれた個体で、約4億円のランボルギーニ「ヴェネーノ」を押さえて約5.7億円にて購入したといわれる超高額車両となります。
世界的に有名なプロボクサーであり、2015年版「最も稼いだアスリート」ランキングで首位を飾ったこともあるフロイド・メイウェザー氏が所有していましたが、オークションにて出品された際には約3億円にて落札され大きな衝撃を受けました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

No.7 ガルフストリーム「G650ER」

プライベートジェットとなるガルフストリーム「G650ER」。
既存モデルとなる「G650」から燃料搭載量を増やすことで、航続距離を伸ばしたモデルとなりますが、ジェフ・ベゾス氏がこのプライベートジェットを購入した理由は「世界最速記録を持った機体だから」だそうです。

彼にとっては全てポケットマネーに過ぎない買い物となりますが、上記以外にもどういったモデルを購入しているのかチェックしていきましょう!

【Jeff Bezos – 150000000000$ Lifestyle 2019】

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう