リヤウィングにはニュルブルクリンクのロゴが?!ホンダ・新型「シビック・タイプR」の開発車両がまたもやニュルにて登場

2020-05-27

スポンサーリンク

~かなり久々となる新型「シビック・タイプR」の開発車両が登場~

ニュルブルクリンクサーキットにて、FF市販車最速記録を更新したホンダ「シビック・タイプR」ですが、このモデルの更なる改良版と思わしき開発車両が目撃されています。
今回目撃されている個体は、イエローのボディカラーに身を纏い、フロントエンドとルーフ、サイドミラーキャップ、そしてリヤバンパーにカモフラージュが施されています。

フロントエンドの両サイドには、謎のダミーダクトのような小さい斑点状のものが4つ確認できるものの、コレが一体何を意味するのかは不明。
またフロントフードには、エアスクープに謎のカモフラージュが施されていることを確認すると、若干の形状変更等の可能性も考えられそうですね。
そして、もう一つの可能性としてカモフラージュが掛けられた部分全ての材料が、特別限定モデル用としてカーボンファイバを採用する可能性(期待?)もあるとして、見た目も更にアグレッシブな一台になるかもしれません。

スポンサーリンク

~リヤウィングには何ともニュルブルクリンクのロゴが!~

リヤデザインはこんな感じ。
リヤウィングを見てみると、何とサイド部分にニュルブルクリンクのコースが描かれたデザインロゴが貼付されていますね。
やはりこのモデルは、特別モデルとなる「シビック・タイプR”ニュルブルクリンク・エディション”」というネーミングを持つ一台になるのかも?

気になるパワートレインについてですが、排気量2.0L 直列4気筒VTECターボエンジンは変わらずで、最高出力320hp以上/最大トルク400Nm以上になることが予想されています。
その他には、専用スポーツサスペンションや専用アルミホイール、更にはブレンボ製の超強力ブレーキ等、このモデルでしか実現できない豪華な装備が採用されるのかもしれません。

☆★☆「シビック・タイプR」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう