日産・次期「GT-R」の後継モデルはどうなる?→日産「誰がどのように開発を進めるのかわからん!とりあえず2022年~2023年を目標に準備を進める予定だ」

2020-05-27

~次期「GT-R」はそもそも登場するのか?~

日産は先日、2020年モデル用として商品改良した新型「GT-R Nismo」を発表し、日本仕様では既に見積もり解禁・先行受注を開始し、10月より発売スタートする流れとなっています。

日本市場での価格帯は、約2,400万円と商品改良前に比べてカーボンファイバパーツの採用やタービンの改良、車体重量の軽量化により約600万円も大幅に値上げし、諸々込になると約2,700万円程まで引き上がるとのことで、7月中旬のタイミングで先行注文すれば早くとも年内納車になると言われています。

一方で、現時点で「GT-R」の後継もしくは次期モデルに関する詳細な情報はありませんが、今後このモデルがどのように変化していくのか、トップギヤの記者が日産の開発陣に直接取材。
一体どのような回答が得られたのでしょうか?

▽▼▽関連記事▽▼▽


~日産はまだ次期モデルに関して本腰を入れていない様子~

トップギアの担当者が、最も次期「GT-R」の現在について詳しいとされる日産チーフプロダクトスペシャリストである田村宏志 氏に取材をしたところ、「今現在では、ちゃんとしたことは答えることができない。もっと言ってしまうと次期モデルは誰が担当して、どのように開発が進められるかは全くわからない」とのこと。

残念ながら、日産は次期モデルに関してどのようにしていきたいのかは明確にしていないものの、先日発表されたばかりとなる商品改良版「GT-R R35」が登場したばかりなので、おそらく2年近くは登場しない?と考えられていて、しかし田村 氏のなかではどういったモデルに仕上げていくべきかはある程度考えているようで、現行モデルのフィードバック含め早くとも2022年~2023年の完成を目標に開発を進めていきたいと説明しています。

☆★☆「GT-R」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう