【最新情報】ホンダ・新型「シビック(ハッチバック/セダン/タイプR)」の商品在庫はほとんど無し。もしかすると8月中には在庫切れになり、最悪高値で転売するユーザーも?!

2020-05-27

~販売終了と分かった途端に「シビック」の在庫が恐らく減っている模様~

先日、イギリスの欧州連合離脱(通称:ブレグジット)により、EU加盟国への移行が進む中でホンダのイギリス工場閉鎖に伴い、同社主要モデルとなるホンダ・新型「シビック・ハッチバック(Civic Hatchback)/シビック・セダン(Civic Sedan)/シビック・タイプR(Civic Type R)」が生産終了→生産拠点を移動するという記事をご紹介しましたが、現在ホンダディーラが残り分として抱えている在庫がほとんど無いとのこと。
※「シビック・セダン」は日本での生産となるため生産拠点は変わらず。

▽▼▽関連記事▽▼▽


~全シリーズの在庫は枯渇状態で、ほとんどが既に商談に入っている個体ばかり~

嬉しいような悲しいような…何とも複雑な想いではありますが、日本国内では、輸入車扱いとなっている「シビック・ハッチバック/シビック・タイプR」の存在価値が少しずつ高まっているということもあり、残り数少ない在庫分がかなり早いペースで注文されているようです。

特にハッチバックモデルに関しては、8月5日時点でホワイト系の”ホワイトオーキッド・パール”しか在庫が無く、全国の総在庫数も残り一桁台しかないとのことですが、恐らく8月中には完売するのではないかとのこと(しかもその内のほとんどが商談中)。

一方の国内生産モデルとなる「シビック・セダン」についても、これもほとんど在庫が無いとのことで、ハッチバックモデル同様に8月中の完売が予想されています。

そして最後の「シビック・タイプR」ですが、これはもう致し方ないと言いますか…つい先日までは在庫が二桁台だったのに対して、8月5日現在では一桁台で8月中の完売は確実となっています。

~イギリス製を利用した高額取引・転売の可能性も~

もちろん、イギリス工場での生産もストップしているので新規オーダーを受け付けることは不可能。
在庫分のオーダーしかできない状況ではありますが、やはり国産ブランドであっても製造国はイギリスということもあって、そこに新たなブランド価値があるとして、製造拠点を日本へと移すと言うのは結構批判が集まっているようですが、個人的に一番問題だと思っているのが転売。

特に現在販売されている新車の「シビック・タイプR」が、販売終了したと同時に、次のマイナーチェンジモデルでは国産仕様となるわけですから、間違いなく現行モデルはプレミア価値が付くと思うんですよね。
既に海外では新車販売価格よりも高値で取引されていますし、そうなると現行モデルを転売するユーザーが登場してくるのは間違いないでしょう。

☆★☆新型「シビック」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう