【もうすぐ生産終了?!】スバルの特別モデル「WRX STIファイナル・エディション」が10月以降に発売予定。限定555台、あのゴールドホイールが復活!

2020-05-27

~スバルが強烈な限定モデルを発売するようだ~

スバルのハイパフォーマンスモデル「WRX STI(VAB)」ですが、このモデルが2019年内で生産終了と囁かれている一方で、今秋10月以降に限定555台のみとなる「WRX STIファイナルエディション(Final Edition)」が登場する予定となっています。

先日スバル・ディーラにて独自に取材をさせていただいた際、まだ明確な情報は降りてきていないものの(恐らく10月に入ったら詳細となる資料が入ってくる可能性があるとのこと)、概要としては現行「WRX STI」よりも高額な限定モデル(555台)で、更には特別なアクセントカラーとカーボンファイバパーツをふんだんに使用したエアロパーツ、足元にはゴールドカラーに仕上げられたBBS製19インチマルチスポーク鍛造アルミホイール、ブレンボ製ブレーキディスク・キャリパー(カラーは不明)を標準装備しているとのこと。

▽▼▽「WRX STIファイナルエディション」最新情報はコチラ!▽▼▽


~スペックは不明ながらも強烈なチューニングを施すことにも期待~

以前、イギリス市場にて世界限定150台のみ販売された「WRX STIファイナルエディション」とは異なり、どうやら更に過激なスペックを誇る可能性があるとのことですが、この点については未だ不明のため、先述にもある通り10月以降の詳細資料に期待したいところですね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

なお、イギリス市場にて販売されたファイナルエディションでは、排気量2.0L 水平対向4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力308ps/最大トルク422Nmを発揮。
価格帯としては約510万円とのことでしたが、今回の日本にて販売される個体はもう少し跳ね上がる可能性が高そう。

~現行「WRX STI」が生産終了する予定も次期型はいつ登場するの?~

一方で、現行「WRX STI」が生産終了するという情報も中々に衝撃的な話ではありますが、そこから次期型がいつ頃発売するかは明らかになっていないものの、自動車情報誌ベストカーは2020年秋頃に登場すると断言していましたね(気になるその詳細は以下のリンクを参照ください)。

▽▼▽関連記事▽▼▽

ちなみに、ディーラの方にも上のリンクの情報に関するお話はさせていただきましたが、「そのような情報は一切入ってきていない」とのことなので、とりあえずどのようなスペックとなるかは気長に待っていた方が良さそうですね。

☆★☆スバル「WRX」関連記事4選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう