田舎道にて、SUV(ホンダ「ヴェゼル」)が走行してくるにも関わらず老人が注視せずに応談→SUVが咄嗟の急ブレーキをしなければ確実に轢いていた件【動画有】

2020-05-27

スポンサーリンク

~田舎あるあるながらも改めて老人の運転は全く先が読めない~

国内某所の田んぼのある田舎道にて、自転車に乗る老人がとんでもないタイミングで横断する動画が話題に。
ドライブレコーダーを撮影している車両が右折しようとしたところ、老人が横断をし、更にこの後撮影車両の目の前を横断する流れとなるのですが、反対車線からは1台の車両が走行してきているのが確認できますね。

走行してきているのはグレー系のコンパクトSUV(ホンダ「ヴェゼル」)ですが、この時点で何やら嫌な予感がしてきます。
SUVは、何か危険を察知したのか少し減速しているのが確認できます。
その一方で自転車で走る老人は、反対車線から来るSUVに気付いているようにも思えますが、そんなことはお構いなしにといった感じで横断しようとしてきます。

スポンサーリンク

~危険を察知していなかったのか、”何れも”危険な行為~

てっきり老人は急ブレーキをかけて止まるのかと思いきや、全く止まろうとせず、むしろ強行突破と言わんばかりの勢いで走行していきます。
おそらく手前の撮影車両が停車しているからという理由で、反対車線のSUVも停車してくると思っていたのかもしれませんが、もしもSUVが咄嗟の急ブレーキで停車していなかったら、危うく大事故になるところでしたね。

ただ、SUVも反対車線が停車しているということは、左側が走行してくる老人にも気づいていたと思いますし、もう少し早い段階でブレーキを踏んでいれば、このような危機一髪の状況にはならなかったかもしれません(正直これはどっちもどっち)。

~走行する際は「譲り合いの精神」はもちろん、○○かもしれない運転は絶対!~

老人はその後、立ち止まったり喋ったりすることも無くそのまま立ち去っていきましたが、SUVの方はほんの一瞬の出来事にびっくりしたのか、しばらく停車した状態が続いていますね。

なお、こういった光景は決して珍しいものではなく、田舎道であればこうしたことは結構多いと思いますし、ましてや信号も交差点も無いようなところであれば、老人が平然と突っ込んでくることも日常茶飯事だと思っています(あくまでも私の経験上での話)。

私も田舎に住んでいるので経験や目撃はありますが、やはり自転車を乗っている人間が優先されて当たり前と思っている部分は少なからずあると思いますし、信号も何も無いところでいきなり横断してくることもしばしば。

こういったことは、子供が急に飛び出してくるのと同じものと考えているため、極力自転車に乗っている老人には近づかないようにして走行していますが、それでも一度危険な目に遭いそうにもなっていますし、意図しない場面で轢いてしまった場合は、自動車側に過失があるのはもちろんなので、改めてしっかりと周りを見ながら走る必要があります。
もちろん、自転車を運転する老人含め、こういった方々もしっかりと周りを見渡して「車が止まらないかもしれない」「絶対に車が止まるとは限らない」という考えを持って横断してほしいですね。

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう