やっちゃう日産?!日産ボス「フェアレディZとGT-Rに関して何かを発表する」←もしかして例のファイナルエディションを発表してくる?

2020-05-27

~日産は近日中に何か動いてくるかもしれない~

日産のハイパフォーマンススポーツモデルといえば「フェアレディZ/GT-R」となりますが、このモデルの現行版が登場して10年以上が経過していますが、何とこのタイミングで日産に新たな動きがあるかもしれないとのこと。

っというのも、先日より開催されている東京モーターショー2019にて、日産は「ARIYA Concept(アリヤ・コンセプト)/IMk」といったコンセプトカーを始め、「GT-R/フェアレディZ」といった現行モデルを発表するも、フルモデルチェンジ版・新型「ジューク」や2020年に日本でも市販化が決定している「キックス」のジャパンプレミアがありませんでした。

そんな中、自動車ニュースサイトAutocarの記者からのインタビューに対し、日産のグローバル製品企画のトップであるIvan Espinosa氏が「フェアレディZとGT-Rは日産の中心であり、私たちはそれらを積極的に検討し、現在取り組んでいる状態だ。すぐに何かが登場するだろう」とコメントし、更には”エキサイティング車に関すること”と言い残したそうです。

▽▼▽関連記事▽▼▽


~「GT-R」はファイナルエディションが登場するとの噂もあるが?~

もちろん、これが一体何を意味するのかまではわからないものの、日産が注視しているトヨタの新型2ドアスポーツクーペ「GRスープラ」を意識したモデルである可能性が高い一方、前回自動車情報誌ベストカーがとり上げていた「GT-R R35」をベースにした究極の特別モデル「GT-R R35”ファイナルエディション”」が2020年に発売すると説明していたため、こうした最後のスペシャルモデルの発表の可能性もあるかもしれません(一方のフェアレディZに関しては全くもって不明ですし次世代モデルの可能性もあるかもしれない)。

ちなみに自動車情報誌ベストカーの情報によると、特別モデルのファイナルエディションは限定僅か20台のみと非常に限られた台数のみが販売されるそうで、その価格帯は約4,000万円と、国産車としては最高額を誇ったレクサス「LFA」(当時3,750万円)をも圧倒する超高額モデルになるとのこと。

気になるパワートレインについては、日産とイタルデザインが共同開発した世界限定50台のみとなる特別限定モデル「GT-R 50 by Italdesign」をベースにした排気量3.8L V型6気筒ツインターボエンジンを搭載し、GT3コンペティション仕様のターボチャージャーと、より大きなインタークーラーを備えたNismo仕様のアップグレード版といったかたちとなり、ヘビーデューティクランクシャフトやピストン、コネクティングロッド、ベアリング、高流量ピストンジェット、カムシャフトプロファイルを改良することにより最高出力720ps/最大トルク780Nmを発揮するレベルにまでチューニングされる可能性があるとのこと。

これについては、現時点でまだまだ明確な情報が出てきていないということなので、本当に市販化されるかについてはわからないものの、2027年まで次期「GT-R R36」が発売されないということが本当であれば、少なくともこれまでの期間中に特別限定モデルが発表される可能性は十分にあると考えられそうです。

☆★☆日産関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう