【これ市販化したら絶対売れる!】2020年モデル「GT-R R35 Nismo」に映画ワイスピのブライアン仕様となる「スカイラインGT-R R34」を組合わせてみたらとんでもないことになった!

2020-05-27

~ワイスピファンには生唾モノの一台になるだろう~

以前、2020年モデルの日産・新型「GT-R R35 Nismo」に、「スカイラインGT-R R34」のフロントフェイスにスワップしたイメージレンダリングを公開し大きな反響を呼びました。
そして今回、遂に映画「ワイルド・スピード X2」に登場した、故 ポール・ウォーカー氏演じるブライアンが所有していた日産「スカイラインGT-R R34」のデザインとフロントフェイスをスワップした究極のレンダリングが公開されました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

今回公開されているレンダリングは、デジタルアーティストであるRoman Miah氏が次世代モデルとなる「GT-R R36 Concept」をイメージしたレンダリングであるとして、まさにワイルドスピードに登場したシルバーのボディカラーにブルーのダブルセンターストライプやグラデーションアクセントを上手くマッチングさせた、”発売されれば”大ヒット間違いなしの一台だと思われます。


~ここまで胸を刺激するレンダリングも珍しい気がする~

改めてそのレンダリングを見てみると、デザインベースは新型「GT-R R35 Nismo」となるため、新開発となるハイグリップタイヤにレイズ製鍛造アルミホイールを採用し、更には専用カーボン製セラミックブレーキやボディー剛性を高めるという専用カーボンルーフが設定。

そしてここに、R35のように奥行きのあるフロントヘッドライトではなく、水平且つ若干釣り目のフロントヘッドライトに変更し、更にはフロントグリルを2つのエリアに分割。
「R35 Nsimo」のカーボンファイバ製リヤウィングではなく、ボディカラーと同色のシルバー仕上げとなる固定式リヤウィングが装着されていますね。

~前回のNismo仕様とブルーのアクセントに変更されたレンダリングも見ていこう~

ちなみにこちらが、前回公開した「R34×R35 Nismo」仕様にキャンディレッドのアクセントを追加したレンダリング。

そしてこちらがブルーのアクセントに変更された更にスポーティないイメージレンダリング。
先ほどのブライアン仕様とは全く印象は異なりますが、これはこれで十分にカッコいいのではないかと思いますね。

☆★☆「スカイラインGT-R R34」関連記事5選はコチラ!☆★☆