これは一体…前車をあおり続けたスズキ「カプチーノ」が左カーブでスピンで自爆→後続車を抜かせたくないのかそのままバック走行を継続【動画有】

2020-05-27

~あおり運転を行っても何も良いことは無い~

栃木県賀茂郡茂木町の県道51号線にて、スズキのコンパクト2ドアモデル「カプチーノ」が前車の黒い軽自動車にビタッと張りつくあおり運転を行っているドライブレコーダーの映像が公開(フロントボンネットに特徴的な3色のストライプが入っていることからドラレコ撮影車両はBMWだと推測)。

追越し禁止車線でもあるため、「カプチーノ」のドライバもスピードを上げるようにあおりを仕掛けているように見えますが、このあとこのモデルがとんでもない悲劇に。


~不幸にもウェットな路面により「カプチーノ」が残念なことに~

しばらくあおり運転が継続された後、神井大橋交差点にて左折する「カプチーノ」。
前車の黒い軽自動車はそのまま直進し、何とかあおり運転から脱出。

「カプチーノ」はそのまま左折し、後続のドラレコ撮影車両も合わせて左へと曲がっていきますが…

路面がウェットだったからでしょうか…「カプチーノ」はそのままスリップしながらポールに軽く接触(しているようにも見えますね)。

ポールに軽く接触した程度なのか、それとも何とかギリギリ接触を免れたのかは不明ですが、「カプチーノ」はこの場面からターンして体勢を立て直すのかと思いきや…?

~まさかのバック走行を続けるというシュールな光景に~

何と上の画像の状態からバックしたまま走行するという珍行動に。
ただ、これはドライブレコーダーを搭載していた後続車も停車せずに通過しようとしたことで、「カプチーノ」と接触寸前になり、ターンを断念した可能性もあるかもしれませんね。

中央帯のポールが無くなるまでひたすらにバック走行を続ける「カプチーノ」。
ちょっとシュールな映像ではありますが、車間距離をあけずに走行を続けるドラレコ搭載車にも少々悪意が感じられますね。

ポールが無くなったところでようやくターンを試みる「カプチーノ」。
てっきり撮影車は停車するのかと思いきや、そのまま通過するという危険行為に。
ここまで来るとどっちもどっちになってしまいますが、やはり公道を走るうえでは譲り合いの精神と心に余裕を持った走りをしてほしいところです。

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう