これは酷い…トヨタ新型「GRスープラ」がホンダ「シビック」と接触事故を起こし、そのまま当て逃げするハプニングが発生。現場は違法なドリフト行為などで無法地帯に【動画有】

2020-05-27

~「GRスープラ」の当て逃げは見たくなかった…~

アメリカのとある駐車場にて、違法なドリフト行為が行われている悪質なイベントミーティングが開催され、そこに登場したトヨタ新型「GRスープラ(Toyota GR Supra)」とホンダ新型「シビック・セダン(Honda Civic Sedan)」が接触する事故が発生。

「シビック」が路上にて停車中、「GRスープラ」がドリフトを行うために低速(おそらく32km/h~48km/hといわれている)にて移動中、目の前にある「シビック」の存在に気付かなかったのか、そのまま左ドアやフェンダー部分に接触してしまった模様。


~なぜ接触後に逃走したのかは不明~

「GRスープラ」が接触事故を起こした後、一旦バックして「シビック」から離れます。

えっ?
接触した「GRスープラ」が逃げるようにその場から立ち去っていきます。

これにはさすがに腹を立てた「シビック」。
すぐさま追いかけますが、間に別の車両が紛れ込んできたためすぐに追跡できず。
その後公道に出ますが、「GRスープラ」が捕まったのかどうかはわからないものの、こういった悪質な当て逃げの現場が目撃されてしまった以上、しかもかなり有名なYoutubeチャンネルによってアップされていることから、逃げ切ることは非常に困難ではないかと思いますね。

ちなみに、何れの個体も納車されたばかりの新車ということで、そんな中での接触事故というのはかなり悲しい出来事ではありますが、そもそもこうした違法行為が連発するイベントに参加していたことも問題だと思うので、自業自得と言ってしまったらそれまでですね。

【BRAND NEW SUPRA CRASHES AT THE TAKEOVER!】

☆★☆事故関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう