これは酷い…千葉県の交差点にて、右側車線を走行していた車両が歩行者横断を優先するため一時停止するも、トヨタ「アルファード」がとんでもない追越しをしかける【動画有】

2020-05-27

~残念ながらこういったことが当たり前のように発生している現実~

2019年12月8日の夕方3時50分ごろ、千葉県柏市北柏4丁目の県道268号線にある信号無しの交差点にて、右側車線を走行していたドライブレコーダー搭載車両が女性歩行者の横断を優先するため一時停止するも、とんでもない追越しをしかける白いミニバンが登場する動画が話題に。


~一台が一時停止しても他の車両が停止するとは限らない~

まずは左側車線から豪快に追い抜き、歩行者の横断を見事に妨害する旧型のトヨタ「アルファード」。
こうした光景は当たり前のように見かけたりしますが、改めて歩行者進路妨害として違反となる恐れがあるため、今一度運転の仕方には注意が必要かと思います。

追越しはこれだけかと思いきや、今度は何と右側車線を走行していたトヨタ新型「アルファード」が、一時停止しているドラレコ搭載車を反対車線の2車線を跨ぐようなかたちで追い越して逆走。
これは明らかに悪質且つ危険な運転かと思いますが、もしも反対車線から追越しを仕掛けた際、死角で見えなかった横断している歩行者を轢いてでもしてしまったら…とんでもない大事故にもつながっていたかもしれませんね。

新型「アルファード」は未だに反対車線を逆走しながら暴走。
これにはさすがに危険すぎると言いますか…いくら反対車線に車両が走っていないにしても、これだけ悪質で自分勝手な運転を行うのは言語道断ですね。

まだまだ逆走を続ける新型「アルファード」。
まるで怒りに満ち溢れて我を忘れてしまったかのような走りにも見えますが、もしかするとドライブレコーダー搭載車を追い越す前、この車両と「アルファード」に何かしらのトラブルが発生していたのかもしれませんね。

~過去にはこんな事故も…~

東京都中央区銀座のとある交差点にて、自転車にて横断しようとしていた女性が、白いミニバン(トヨタ「アルファード」)と接触するという中々に信じられない事故が発生。

っというのも、ドライブレコーダーにて事故の瞬間がしっかりと公開されているのですが、自転車を運転していた女性が交差点を渡ろうとした際、ドラレコ撮影車両の左側から一台の車両が走行してくるのを確認した女性は、交差点のど真ん中で一旦停止します。

~白いミニバンのドライバは脇見運転を行っていた可能性が高い?~

ここでまさかのハプニング。
てっきり停車するかと思っていた白いミニバンが全くブレーキすることなく自転車を運転する女性と接触し、轢いてしまうと言うとんでもない事故が発生。

接触事故を受けた女性は、自転車に乗っていたこともありそのまま1回転して顔面から地面に向かって強打。
どれほどのダメージとなってしまったのかは不明であるものの、このあとしっかりと反応していることから、当たり所が良かったのか、そこまで大きなダメージではなさそう。

しかしながら、自転車が通過しようとして一旦停止したにも関わらず、それに気づかずに轢いてしまうということは、もしかすると白いミニバンのドライバは脇見運転もしくはスマホ等を操作していた可能性も高そうですね。

~事故した直後の行動も重要になってくる~

事故が発生した直後には白いミニバンの女性ドライバもすぐに車両から降りてきて、自転車に乗っていた女性にかけより怪我の状態を見ていますし、周りにいた人たちもすぐに助けていっています。

本来であれば、事故後の対応はこういったことが普通だと思いますが、最近では助けることよりもスマートフォンで撮影して、SNSにアップすることが優先されていることが現実であり、こうしたことが正義心に務めるといった勘違いの行為が多く見受けられるように感じられます。

撮影することよりも、目の前で事故が起きたら、警察や救急車に連絡したり、事故の被害を受けた人の心配をすることが先決だと思うのですが、こういったことが最近では後回しになっているのは非常に残念なことではありますね。

☆★☆ハプニング関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう