レクサス新型「LM300h」のフロント・リヤウィンカーを完全公開!やっぱり点滅ではなく流れるタイプシーケンシャルだった【動画有】

2020-05-27

~新型「LM300h」のフロント・リヤウィンカーは何気に気になっていた大きなポイント~

既に中国・広州や台湾ではメディア・VIP顧客向けに一足早く公開されているレクサス初の新型フラッグシップミニバン「LM300h(Lexus Luxury Mover 300 hybrid)」。
実はこのモデル、カンボジアでもVIP顧客を対象にシークレット公開を行っていたようで、その際にフロント・リヤのウィンカーがどのように光るのかが判明したとのこと。
まだどこも紹介していない貴重な内容で、当ブログでは動画付で解説していきたいと思います(情報並びに動画を提供いただけたK様には心より感謝申し上げます!)。

▽▼▽関連記事▽▼▽


~まずはフロントウィンカーからチェックしていこう~

まずは、皆さんが最も気になっていたであろうフロントのウィンカーですが、これは予想していた通り、L字型のシームレスタイプとなるLEDデイタイムランニングライト直下にある、3本のLED部分が”流れる”シーケンシャルウィンカーを採用しています。
流れるという意味では、トヨタ「アルファード/ヴェルファイア」と同じなので、この辺りは優劣なく積極的に採用していますね。

画像で見るとこんな感じ。
内側から外側にかけて流れているのがわかりますね。
しかも、新型「RX/LS」のようにシームレスタイプのウィンカーなので、スタイリッシュで美しいです。

外側まで流れ切るとこんな感じ。
それぞれ長さが異なる3本ラインは非常に美しく、奥行きもあって立体的に見えますね。

フロントウィンカーを動画にて見ていこう

それでは実際に動画にて確認していきましょう。
「LM300h」のフロントウィンカーはこんな感じで流れます。

~続いてはリヤウィンカーをチェックしていこう~

続いてはリヤデザインを見ていきましょう。
リヤウィンカーについては、前回のブログでもお伝えした通り、リヤテールランプ直下のクリアランス部分が流れるようになっています。

流れ方としてはこんな感じ。
センターストリップのメッキパーツよりも下にあるクリアランス部分が、内側から外側にかけて流れているのが確認できますね。
こちらも、フロントウィンカー同様にシームレスタイプを採用しているので非常に美しいですし、流れる範囲が非常に広いので、とにかくワイドに見えます。

リヤウィンカーを動画にて見ていこう

こちらも実際に動画にて確認していきましょう。
「LM300h」のリヤウィンカーはこんな感じで流れます。

~最後は新型「LM300h」を改めて動画にて見ていこう~

そしてこちらは、前回の記事でもご紹介した「LM300h」の実車走行動画。
その圧倒的とも見えるスピンドルグリルと、アグレッシブ且つ鋭いヘッドライトのデザインは、ベースとなるトヨタ「アルファード/ヴェルファイア」とは大きく異なる強烈な存在感がありますね。

ちなみに「LM300h」のパワートレインですが、排気量2.5L 直列4気筒エンジン+電気モータを組合わせたハイブリッドシステムで、システム総出力211ps/最大トルク409Nmを発揮するとのことです。

☆★☆レクサス「LM」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう