フルモデルチェンジ版・日産の新型「パスファインダー」と思われる開発車両が登場!”脱エクストレイル顔”で、プラットフォームは「ムラーノ/アルティマ」等と同じまま?

2020-05-27

~2020年の日産はかなり積極的な活動が見られそうだ~

2020年の夏ごろに、日産のフルモデルチェンジ版・新型「エクストレイル(海外名:ローグ)」が発売する予定となっていますが、その一方で2020年末を目標に「パスファインダー(別名:テラノ)」もフルモデルチェンジを果たす予定とのことで、早速開発車両が目撃されています。

今回目撃されている新型「パスファインダー」の開発車両ですが、カモフラージュが非常に分厚いため、細かいデザイン性についてはまだまだわからないものの、日産の象徴でもあるVモーショングリルは、よりダイナミックになると考えられ、加えてフロントヘッドライトやデイタイムランニングライトもフルLEDを採用し、更にはアグレッシブな顔つきに進化してくるのではないかと予想されています。


~プラットフォームやエンジンはそのまま流用する?との情報も~

現在は、アメリカ市場にて2019年モデルとして販売されており(日本でも日産インパルにて購入可)、外観としては「エクストレイル/キャッシュカイ」に非常に近い顔つきとなっていますが、おそらくフロントフェイスもこれらのモデルとは異なる内容になると思われます。

スタイリングとしては、非常にロングな印象を受けるクロスオーバーSUVといった感じでしょうか。
車内も、現行同様に3列7人乗りを継承すると思われ、トヨタ「ランドクルーザー・プラド」を競合にしてくるのではないかと思われます。

そして気になるプラットフォームについてですが、新型「エクストレイル」では、三菱の新型「アウトランダーPHEV」と共通化したプラットフォームを採用する話がある一方で、新型「パスファインダー」では現行同様のDプラットフォームを改良する?という話があるとのこと。
ちなみにDプラットフォームは、日産「ムラーノ/アルティマ/マキシマ」にも使用されており、駆動方式は前輪駆動(FF)ベースでありながらも、四輪駆動(AWD)も対応可能になっています。

パワートレインについては、今ところ新しい情報が入っていないため、どういったものが採用されるかは不明であるものの、現在搭載される排気量3.5L V型6気筒エンジンと排気量2.5L 直列4気筒エンジンの2種類を流用してくるのではないか?との噂もあるそうです。

☆★☆「エクストレイル」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう