マンソリー仕様の過激カスタムされたランボルギーニ「アヴェンタドールSロードスター”カーボナード”」が販売中。限定3セットのみ、価格は約8,630万円から

2020-05-27

~やはり何度見てもマンソリーカスタムは超絶過激だ~

ドイツの過激チューナーでお馴染みマンソリーによって、フルカーボンボディ&過激カスタムしたランボルギーニのフラッグシップ・フェイスリフトモデル「アヴェンタドールSロードスター(Lamborghini Aventador S Roadster)」ベースの”カーボナード(Carbonado)”が、中古車市場Creativebespokeにて販売されています。

今回販売されているカスタムモデルは、先述にもある通り2018年式の「アヴェンタドールSロードスター」をベースに、最適化されたエアインテークやフロントリップスポイラー、サイドスカート、リヤディフューザーに加えて、ボディ全体をフルカーボンボディキットへと変更しています。


~元々2,000mmを超えるワイドなボディを持つのに、更にワイドボディ化~

これにより、純正よりもフロント40mm・リヤ50mmワイドになってダイナミック感を演出。
更には新開発のエキゾーストシステムやフロント20インチ・リヤ21インチの異径アルミホイールとミシュラン製Pゼロタイヤを装着した過激仕様へと大きく変更されています。

マンソリー仕様にカスタムされたカーボナードですが、世界限定3セットのみ販売された希少モデルであるものの、変更されたのは外観だけでなくエンジンも排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジンはそのままに、ECUセットアップにより最高出力740psから大きく出力アップしているそうですが、具体的にどれだけアップしているかは公表されていないそうです。

走行距離は1,741kmとほとんど走られていない極上品だそうで、車内のブラックレザーシートやエアコン、アルミニウムトリム、4スピーカーサウンドシステムも装備され、メンテナンスもばっちりとのこと。

~マンソリーカスタムの”カーボナード”といえば、先日突如として発生した大炎上事故も記憶に新しいが…~

気になるその価格帯は約8,630万円からと非常に高価ではありますが、マンソリー仕様の”カーボナード”といえば、以前チェコ・プラハのトンネル内にて、「アヴェンタドールLP700-4」をベースに、エンジンをツインターボ化して最高出力700hp→1,250hpまで向上させた個体も”カーボナード”というチューニングキットを採用していたものの、技術的欠陥並びにエンジンへの過激な負荷、そして執拗な空ぶかしを行ったことにより大炎上して廃車となった例がありました。

今回のモデルは、さすがにそう言った技術的欠陥を引き起こさずに改良されたモデルだと信じたいところですが、炎上した例があったことを考えると、かなり躊躇する一台かもしれませんね。

☆★☆ランボルギーニ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう