ライトのデザインとウィンカーがはっきり見えた!フルモデルチェンジ版・三菱の新型「アウトランダー」の開発車両がまたまた目撃に

2020-05-27

~これまでで最も偽装の薄い新型「アウトランダー」かもしれない~

先日、マイナーチェンジ版と思われる三菱の新型「エクリプス・クロス(Mitsubishi New Eclipse Cross)」の開発車両が目撃されていましたが、今度はフルモデルチェンジ版・新型「アウトランダー(Outlander)」の開発車両が目撃されています。

2020年後半から2021年前半にかけて登場することが予想される新型「アウトランダー」ですが、これまでかなり分厚めとなるカモフラージュが施されていましたが、今回はかなり偽装が薄くなり、更にはフロントヘッドライトとデイタイムランニングライトの形状がはっきりとわかるようになりましたね。

▽▼▽関連記事▽▼▽


~ライトのデザインやウィンカーも明確になったぞ!~

早速開発車両を見ていくと、フロント上部に設けられたLEDデイタイムランニングはかなり吊り上がり、その真下には点滅タイプ?と思われるLEDウィンカーが点灯していることが確認できますね。
デザイン的には、エンゲル・ベルク・ツアラーコンセプトのようなアグレッシブさを取り込んでいて、まさかコレがキープコンセプトに近い形で新型「アウトランダー」に適用されるとはちょっと予想もしていませんでした(今回のモデルはかなり期待が持てそう)。

更にその下にあるのは、独立式のLEDヘッドライトだと思われ、一部カモフラージュされているものの、ハウジングとしては一個ものだと思われますし、更にその下には独立式と思われるフロントフォグランプもうっすらと確認することができます。

~その風格はフラッグシップモデルらしい佇まいに~

真正面から見てみるとこんな感じ。
このどっしりとした面構えは凄いですね…やはり三菱のフラッグシップSUVモデルなだけあって、その存在感とオーラは中々のもの。
ダイナミックシールドグリルも積極的に採用されることが予想されますし、グリルデザインもメッキというよりも、メッシュに近いような感じにも思えます(この辺りはもう少ししたら明確になるかもしれない)。

サイドデザインはこんな感じ。
リヤ部分は見切れていますが、トップルーフはフラットになり、クーペSUVという感じではなくゴリゴリのオフロードSUVといった感じでしょうか。クロカンっぽくも見えますね。

プラットフォームは、日産のフルモデルチェンジ版・新型「エクストレイル(Nissan X-Trail)」と同じものを共有すると噂されているたいめ、サイズ感としては新型「エクストレイル」とほぼほぼ同じになってくるのではないかと思います。

リヤデザインは感じ。
鋭くとがったようなテールライトが何とも印象的で、カモフラージュ部分が少し立体的になっていることから、おそらくリヤテールランプもワイドになるのではないかと思いますね。

~気になるパワートレインや価格帯は?~

パワートレインについてですが、これは自動車情報誌ベストカーの内容を参考にさせていただくと、プラグインハイブリッドモデルについては、三菱独自となる排気量2.4L 直列4気筒エンジン+電気モータを組み合わせることで、最高出力130ps+電気モータ(前)82ps+〃(後ろ)95ps/最大トルク199Nmを発揮するとのこと。
そしてPHEVモデル以外にも、排気量2.0L/2.4Lのガソリンエンジンもラインナップされる可能性が高いとのことで、この辺りは予算や用途との絡みも含めて、購入時に頭を抱えそうなポイントかもしれません。

最後に価格帯についてですが、これもベストカー予想では530万円~と中々に高額。
現行モデルが3,939,100~5,294,300円にて販売されているだけに、ほぼほぼ最上位グレードと同じ価格帯に設定されていますね。
ちなみに新型「RAV4プライム」は、約500万円ほどにて販売してくると予想しているものの、そう考えるとベストカーの考えもあながち遠くないのかもしれません。

☆★☆「アウトランダー」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう