フルモデルチェンジ版・トヨタ新型「アルファード/ヴェルファイア」は一本化されて「ヴェルファイア」の廃止が有力に?それでも確実に売れると思う理由とは?

2020-05-27

~未だに疑問視されている新型「アルファード/ヴェルファイア」の一本化案~

トヨタの主力製品でフラッグシップミニバンとして高い人気を得ている「アルファード(ALPHARD)/ヴェルファイア(VELLFIRE)」ですが、つい先日一部改良を行ったばかりのこの2台が、いよいよ2021年のフルモデルチェンジに向けて大きな変化を迎える可能性が高い?との噂が浮上しています。

自動車情報誌Bestcarweb(ベストカーウェブ)の情報によれば、2020年5月のトヨタ販売チャネル統合化により、車種ラインナップを整理・集約することを目的に、「アルファード/ヴェルファイア」を一本化にする可能性があるとのこと。


~フルモデルチェンジにより”スタンダード”と”カスタム”の2種類に分けられることは確実?~

そして、2021年のフルモデルチェンジを機に登場するであろう新型「アルファード」についても、基本的にはキーコンセプトとなり、フロントエンドには現行「アルファード」のようなメッキと複雑なデザインとなったグリルが設けられ、Aピラーの傾斜角もボンネットの角度に近い形で寝かされているそうです(おそらく「エスティマ」のようなワンモーションフォルムになると推測)。

デザイン性においても、アルファード派やヴェルファイア派という形で好みが大きく分かれることも考えられるため、軽自動車のようなダイハツ「タント/タント・カスタム」やホンダ「N-BOX/N-BOX Custom」のように、ノーマルフェイスとカスタムフェイスのグレードも準備されるとのことから、その顔つきはもちろんですが、価格面でも大きな差が生じる可能性が高そうですね。

VIP仕様の特別グレードもラインナップされるとの噂も

そしてこちらについては、本当に市販化されるかどうかは不明であるものの、更なる上位顧客向け、もしくは法人向けに販売されるであろう+200mm延長のロングホイールベースモデルとなるVIP仕様の展開も検討されているそうで、恐らく「アルファード/ヴェルファイア」のエグゼクティブラウンジやロイヤルラウンジといったトップグレードとして販売されるかもしれず、その価格帯も1,000万円は優に超えてくるかもしれませんね。

エンジングレードは大きく2種類をラインナップ?

一方でパワートレインについては、新型「カムリ/RAV4/ハリアー」に搭載の排気量2.5L 直列4気筒エンジン+電気モータを組合わせたハイブリッドモデルや、更にダウンサイジング化された排気量2.4L 直列4気筒ターボエンジン(最大トルク440Nm以上を発揮?)が検討されているとのこと。
つまり、現行版の排気量3.5L V型6気筒エンジンからの置き換えとなる一方、環境法規制や燃費性能を考慮しての一台になると思われます。

~新型「アルファード/ヴェルファイア」は一本化されても確実に売れると考えている~

ちなみに、新型「アルファード/ヴェルファイア」を一本化することで、そもそも売れるのか?という疑問の声もあるそうですが、私個人の意見としては確実に売れると考えていて、現時点で競合といえるミニバンをラインナップしているメーカといえば、日産「エルグランド」とホンダ「オデッセイ」ぐらい。

しかも各モデルの最後のマイナーチェンジ時期を見てみると、2010年に3代目として販売された日産「エルグランド」は、2014年1月のマイナーチェンジを最後に大きな変化は無し(一部改良や特別仕様車の発売は除く)。

一方のホンダ「オデッセイ」は、2013年に5代目として販売されるも、2017年11月にマイナーチェンジを行って以降は、一部改良も特別仕様車も販売されていないことから、大きな変化は特にありません。

こうした競合モデルが少ないことや、競合モデルの変化が非常に少ないことから、定期的にアップデートやマイナーチェンジを行うことで、高いPRを行い続けるトヨタの積極的な働きはさすがの一言であり、「そりゃアルファード/ヴェルファイアが売れるわ」と感じるのも納得。
おそらく2021年以降も、トヨタはフラッグシップミニバン市場の牙城を守り続けることでしょうし、更に独走し続けることは間違いないでしょうね。

☆★☆「アルファード」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Bestcarweb

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう