映画・最新作「ワイルド・スピード9」のタイトルは”ジェット・ブレイク(JET BREAK)”に決定!3作目に登場したハン役も含め、あのメンバーたちのオフショットも【動画有】

2020-05-27

~前作に引き続き、サブタイトルには”ブレイク”が名付けられる~

先日、最新作映画「ワイルド・スピード9(Fast and Furious 9)」のトレーラー映像が世界初公開されましたが、遂に日本の邦画タイトルも明らかになりました。
邦画タイトルは「ワイルド・スピード/”ジェットブレイク(JET BREAK)”」とのことで、前作となる「アイス・ブレイク(ICE BREAK)」に続く似たサブタイトルになりましたね(スピンオフ映画のスーパーコンボは除く)。


~今回のサプライズはやっぱり”ハン”の登場~

なお今回の最新作では、前作にてドミニク・トレット役のヴィン・ディーゼル氏をはじめとしたファミリーがカムバックし、更にサイファー役のシャーリーズ・セロンさんらも再登場。
そしてファミリーの絆を揺るがす新たな敵も参戦するだけでなく、3作目となるX3 TOKYO DRIFTに登場したハン役のサン・カン氏も登場するとのことで、まさにサプライズ尽くしの作品となりそうです。

ただ、ハンといえばX3 TOKYO DRIFTにてカーチェイスを行ってメルセデスと大きな衝突事故を起こし、その後お別れのシーンも公開されていたため、あのシーンを一体どのように説明するのかも非常に気になるところ(もしかしたら事故後に何とか脱出していた可能性も…?)。

「今回登場しているのは本当にハン本人なの?兄弟とか?」といった様々な憶測もありますが、この辺りも5月29日(金)の全国公開日に明らかになるのでしょうね。

そしてこちらは、X3 TOKYO DRIFTにも登場した主人公ショーン役のルーカス・ブラック氏と、アール役のジェイソン・トビン氏も登場。
ハンと3人で楽しく会話しているオフショットシーンもありますが、何か感慨深いものがありますね。

本作品では、ロケットエンジンを搭載したポンティアック「フィエロ」が登場していますが、これを使ってローマンが運転するシーンも確認でき、何やら面白いことが起きるかもしれません。

【『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』|第一弾予告】

 

この投稿をInstagramで見る

 

O retorno de Tokyo Drif. ❤️🔥 #Fastandfurious9

FastFanBrasil(@fastfanbrasil)がシェアした投稿 –

☆★☆映画「ワイルド・スピード」関連記事5選はコチラ!☆★☆