マイナーチェンジ版・スズキ新型「イグニス」が日本でも発売スタート!グリルデザインの変更などでフロントフェイスを一新、価格は152.2万円から

2020-05-27

スポンサーリンク

~インド市場に続いて日本市場でも「イグニス」がマイナーチェンジへ!~

スズキのクロスオーバー型コンパクトカー「イグニス(Suzuki Ignis)」が、2020年2月4日にマイナーチェンジ版(厳密には一部改良)として新しく販売スタートとなりました。
今回新しく発売された新型「イグニス」ですが、フロントデザインは大きく一新され、インド市場にて販売されているような「エスプレッソ」同様に5スロットグリルをモチーフとした新意匠グリルを採用しています。

これにより、SUVテイストを更に強くすることはもちろんのこと、スズキらしい親しみのあるデザインが更に加味されたのではないかと思いますね。

スポンサーリンク

~よりSUVテイストとオフロードっぽさを強くしたデザインに~

こちらは上位グレードとなるHYBRID MF。
フロントのシルバーにペイントされたスキッドプレートが、SUVテイストだけでなくオフロード感を強くし、アクティブな走りを提供してくれそうな雰囲気さえ漂ってきます。

こちらは1個下のグレードとなるHYBRID MZ。今回の一部改良で新グレードとして追加されています。
フロントバンパーのデザインが変更され、よりスタイリッシュにまとめられていますね。
フロントフォグランプも丸形を主張しています。
おまけにトップルーフはブラックで2トーンカラーに設定できるというのも魅力あふれるポイントではないかと思います。

ボディスタイルは従来通りとなりますが、こうしたSUVテイストとクロスオーバー、更にはコンパクトカーとしてのスタイルも兼ね備える個体も中々に珍しいのではないかと思います。

リヤデザインはこんな感じ。
こちらも新デザインのリヤバンパーを採用することで、よりSUVテイストを強くしたものに仕上がっています。

外観のデザイン以外にも、快適性の向上となる夜間乗降時の一定時間周囲を照らすガイドミーライト機能付オートライトシステムが採用されています。
このほかにも、助手席シートヒータを全車に標準装備し、スズキのセーフティサポート(デュアルカメラブレーキサポート)を全車標準装備、更には助手席シートサイドポケットも採用(但しHYBRID MGを除く)しています。

~新型「イグニス」の価格帯は?~

最後に、新型「イグニス」のグレード別価格帯は以下の通り。

【新型「イグニス」グレード別価格帯一覧】
・HYBRID MG(2WD/4WD):1,522,400円/1,658,800円
・HYBRID MX(2WD/4WD):1,650,000円/1,786,400円
・HYBRID MZ(2WD/4WD):1,788,600円/1,925,000円
・HYBRID MF(2WD/4WD):1,839,200円/1,975,600円

☆★☆マルチ・スズキ関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう