フォルクスワーゲン「ゴルフR」が異常なスピードで走行…?っと思いきやドラレコ撮影車側が遅すぎ&逆あおり運転の可能性で大炎上に【動画有】

2020-05-27

~ゆっくり走ることが交通ルールの妨げになる恐れも~

国内某所(おそらく東北地方)にて、ドライブレコーダー搭載車のドライバが、信号待ちをしていたブルーのフォルクスワーゲン「ゴルフR(Volkswagen Golf R)」の走りに対して、「輸入車だからってね、ここはアウトバーンぢゃないから。」とツイートし、ナンバー等を晒した動画が大きな話題となっています。

”アウトバーン”と記載しているからには、異常なスピードにて前方車両を追い越していくのでは?と想像しながら動画を見ていたのですが、実はそういったことは一切なく、むしろ交通の流れを乱さない走りを行っているものに。


~動画を見る限りは何も問題が無く、撮影車側が炎上することに~

青信号に切り替わった後、前方を走行するホワイトのミニバンのスピードに合わせて走行する「ゴルフR」。
ある程度車間距離も空けて走行していますし、全く問題ありません。

「ゴルフR」よりも、ドラレコ撮影車の速度があまりにも遅いようにも感じられ、最近何かと世間を騒がせた「10キロおじさん」のように、後続車に迷惑をかけるような”交通の流れに乗らずに自分勝手な走り”に近いものがありますね。

こうした悪質な晒し動画をいくつも公開している「カンディ光太郎」というアカウントですが、今回の動画をきっかけに、晒した側がバッシングを受ける結果となり、現在もひどく炎上している状態になっています。

~あおり運転を誘発する”右側車線を走り続けるドライバ”でもあった~

先ほどの動画以外にも、下の通り青森県八戸市にて撮影された動画では、かなり遅く右側車線を走行する撮影車に対して、左側車線からスムーズに追い抜いていく赤の車両が撮影されていますが、むしろ右側車線をゆっくり走行している撮影車側に問題があると思われ、高速道路の追い越し車線で進路を譲らないことがきっかけで「あおり運転」を誘発するケースと同じように感じられますね(しかも煽られたわけでもないのに”暴走車”と決めつけて青森県警察HPに投稿したとのこと)。

高速道路や一般道路でもそうですが、車線が2車線以上ある場合、後続車が追い付いてきたら速やかに左車線に移ることがマナーでありルールとなっています。
後続車が追い付いてきたら左に寄せて進路を譲ることと、追い越しの間、加速してはならないというのは法令にもなっているので、今一度こうした交通ルールを再度学び直すことが重要なのではないかと思いますね。

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう