世界で最もクレイジーなランチア「デルタ・インテグラーレEvo」がヒルクライムレースに登場。サイドマフラーより挨拶代わりのアフターファイアは最高!【動画有】

2020-05-27

~やっぱりヒルクライムレースはこれぐらいクレイジーじゃないと!~

先日イタリアにて開催されたヒルクライムレース・Verzegnis 2020に、スロベニアのレーシングチームより究極にクレイジーなランチア「デルタ・インテグラーレEvo(Lancia Delta Integrale Evo)」が登場。

今回のヒルクライムレースのために大幅に改造された「デルタ・インテグラーレEvo」ですが、パワートレインは排気量2.0L 直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力700hpを発揮するという化け物スペックとなっています。


~ヒルクライムレースでは圧倒的なパフォーマンスでギャラリーを魅了~

最も驚くべきポイントはこのサイドマフラーで、大幅にブーストされたエンジンということもあってか、シーケンシャルトランスミッションとの組み合わせにより、電光石火のごとくギアチェンジが施された際に火炎放射器のように炎を吹く過激仕様に仕上げられています。
もちろん、スペックや外観は見掛け倒しではなく、際どいコーナーにおいてもスムーズにラインに沿って走行する姿は見ていて爽快ですね。

外観は色々と突っ込みどころ満載ですが、とりあえずレーシング用に改造していることもあって、フロントヘッドライトやインテークグリルなどは一切搭載されていないため、夜に走行するのは非常に危険。
バンパーからはラジエータやインタークーラーもモロ見えになっているのもユニーク。

リヤデザインも中々にヤバいなこれ…
大型の固定式リヤウィングはもちろんのこと、エアロパッケージに加えてフロント・リヤフェンダーの張り出し方がかなりエグイですね。

過激なヴィジュアルとパフォーマンスを両立するランチア「デルタ・インテグラーレEvo」ですが、ヒルクライムレースでは圧倒的な存在感と人気を誇る一台としてとにかく大盛り上がりだったそうです。

【700Hp Lancia Delta Integrale Evo || Amazing Turbo Sounds & Flames】

☆★☆ランチア関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう