意外とイケてる?トヨタ新型「RAV4」の姉妹モデルで中国専売の新型「ワイルドランダー」が発売スタート!かなり豪華な装備内容で価格は約266万円から

2020-05-27

~中国専売モデルでもかなり魅力的な内容に~

中国市場において、広汽トヨタ(GAC-Toyota)が全く新しいオフロードSUVモデルとなる新型「ワイルドランダー(Toyota Wildlander)」を発売スタートしました。

今回発売された個体は、現在日本市場でも大きな人気を得ている新型オフロードSUV「RAV4」の姉妹モデルで「ハイランダー(Highlander)」の妹分ということで、そのダイナミックなスタイリングと武骨な印象をある程度残した中国専売モデルとなります。
競合モデルについては明らかにしていませんが、恐らく先日発表されたばかりとなる中国専売モデルのホンダ新型「ブリーズ(Honda BREEZE)」ではないかと予想されています。

プラットフォームはTNGA-K(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)をベースとし、GACトヨタが開発した初のミドルサイズSUVということで、新型「RAV4」だけでなく「ハイランダー」の要素も受け継いだ上質な一台と言われています。

▽▼▽関連記事▽▼▽


~新型「RAV4」とは異なるレクサス風っぽいグリルを採用しているところもポイント~

外観については、キーンルックではなく”アドヴェンチャー&リファインド”と呼ばれるデザイン言語を採用し、レクサスのスピンドルグリルに近い形状でメッシュを採用しています。
更にフロントヘッドライトはシャープでアグレッシブなLEDを採用し、フローティングダブルCタイプのコンビネーションリヤテールランプも標準装備しています。

このほかにも、何とも過激な大型サイクロン形状のカラーマッチングアルミホイールを採用し、オフロードモデルにはふさわしい高い最低地上高、スポーティなサスペンションをインストールすることでアグレッシブな走りを提供するとのことです。

ボディサイズとしては、全長4,665mm×全幅1,855mm×全高1,680mm、ホイールベース2,690mmと非常に大柄で、TNGA-Kプラットフォームを採用していることで低重心化を図り、更には高剛性なワイドボディを採用しています。

~インテリアは新型「RAV4」ベース~

インテリアはこんな感じ。
基本的には新型「RAV4」と同じレイアウトを採用し、センターには10.2インチの薄型ディスプレイオーディオ、シフトブーツ付きのセンターノブなどを標準装備、電動パーキングブレーキやオートブレーキホールドも設定されています。

何と…ヘッドアップディスプレイも全グレード標準装備ですか。これはかなり大きなポイントですね。
ただ、ステアリングホイールはウレタン巻きというチープ仕様なのがちょっと残念。

後席はこんな感じ。
非常にワイドな格納式センターアームレストを採用。
シートは本革タイプとなっていますね。

そして最上位グレードにはインナーカメラを標準装備。
新型「ハリアー」でも採用される最新装備となりますね。

~価格はかなりリーズナブルな約266万円から~

なおパワートレインは、新型「RAV4/ハリアー」と同じ排気量2.0L 直列4気筒ダイナミックフォース自然吸気エンジン(最高出力170ps/最大トルク209Nm)と、排気量2.5L 直列4気筒エンジン+電気モーター(THS Ⅱハイブリッドパワーシステム)のデュアルエンジンハイブリッド(システム出力222ps)の2種類をラインナップします。
最後に、気になる新型「ワイルドランダー」の価格は約266万円~約374万円にて販売されるとのことです。

☆★☆中国専売モデル関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:KeyAuto.my

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう