今日のプリウス…トヨタ「30系プリウス」をシャコタン&オーバーフェンダーのゴリゴリ族車仕様にしてみた。なぜか海外ではかなり人気のようだ

2020-05-27

~ここまで来るとハイブリッドの意味も全くないと思うが…~

トヨタのハイブリッドハッチバックモデルで、今もなお高い人気を誇る「プリウス(Toyota Prius)」。
今回、海外のデジタルアーティストであるBrad Builds氏が作成した過激なカスタム仕様の「30系プリウス」レンダリングが大きな反響を呼んでいるとのこと。

そのレンダリングが上の通りで、純正から大きな変貌を遂げた過激なワイドボディキットを装着し、更にフロントバンパーも移植され、足回りは過激なローダウンを施した族車仕様に改造されていますね。
最近のトレンドにもなっているシャコタン&オーバーフェンダー仕様のレンダリングですが、なぜか「プリウス」のレンダリングは非常に人気が高いようです。


~早速やり過ぎともいえる「プリウス」の過激改造モデルを見ていこう~

改めてそのレンダリングデザインを見ていくと、大きく張り出したオーバーフェンダーを装着することに加え、足回りは今にも着地しそうなほど(っというか既に着地してる?)にシャコタンで若干のキャンバー角が付いた2ピースロックタイプの大口径アルミホイールが印象的ですね。これは本当にやり過ぎ…

おまけにフロントバンパーも移植され、フロントインテークや謎のフィンパーツに加え、ヘッドライトも二眼式のLEDヘッドライトを埋め込んでいます。

リヤデザインはこんな感じ。お尻のボリューム感が凄いこと何の。
そして、まさかの日本仕様のナンバープレート。よりリアリティが伝わってくるレンダリングですね。
マフラーは両サイド一本出しとなるデュアルエキゾーストシステムに加え、着地スレスレのリヤディフューザーをインストールしています(走行中にバキッ!と外れない心配)。

トヨタのエンブレムや”PRIUS”バッジ、更にはハイブリッドバッジも全てブラックペイント処理され、リヤテールランプもスモーク付きでダークな印象に。
なぜかリヤの大口径アルミホイールが、ゴールドからマットブラックに変更されているという不思議。この辺りはレンダリングのちょっとツメの甘いところかもしれません。

そしてリヤフェンダーとアルミホイールとのクリアランスはこんな感じ。
ほとんどスペースは無く、おそらく走行時はホイールとフェンダーが干渉しているのではないかと予想しますが、さすがに走行時にはエアサスペンションにてリフトアップしていてほしいところ。

先述にもある通り、今回の過激カスタムモデルは実際には存在しないレンダリングになるものの、日本含めこういった族車チックなカスタムモデルは何台か存在するのではないかと思いますね。

☆★☆「今日のプリウス」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう