コンパクトカーはあおり運転を受けやすい?フルモデルチェンジ版・ホンダ新型「フィット4(FIT4)」がトヨタ「プリウス」に煽られてしまったときの話

2020-05-27

スポンサーリンク

~いつかはこうなることが起きると予想はしていたが…~

さて、ホンダのフルモデルチェンジ版・新型「フィット4(Honda New FIT4)」が納車されてから数多くのインプレッション記事をご紹介してきましたが、今回はちょっとしたトラブル(ハプニング?)に巻き込まれたときの話をしたいと思います。

新型「フィット4」が納車されて何度か街中を走らせたのですが、そのときは片側2車線の県道で、左側車線を走行していました。
特に飛ばすこともなく、若干渋滞気味だったので周りの交通の流れに合わせて走らせていたところ、後続からとてつもない勢いで走行してくるトヨタ「プリウス(Toyota Prius)」が登場。

相当に急いでいるのかはわからないものの、右側車線もかなり混んでいたので中々車線を変更することなく、私の「フィット4」との車間距離もかなり近い状態まで来てゆらゆらと車体を揺らしながら走らせています。
「かなり車間近いなぁ…」と思いながら走らせていると、「プリウス」は右側車線に移動することなく、更に車間距離を詰めてきます。

スポンサーリンク

~コンパクトカーだから煽られた?それとも新型車という物珍しさ?運転の仕方?~

まだまだ納車されていない新型車に対して、物珍しそうに見ていただけなのか、それとも自分の車よりもコンパクトで苛立ちを隠せないからかはわからないものの、少しでもスピードを緩めてしまったら、いつ接触事故を起こしてもおかしくないレベルのところまで車間を詰めてきています。

全く左折する気配も、右側車線に移動することもなくひたすら後続からゆらゆらと車体を揺らしながら走行してくる「プリウス」。
しばらくすると、右側車線があいたので車線変更し少しだけアクセルを強めたのですが、後続にいた「プリウス」もなぜか全く同じタイミングで車線を変更。
車間はほとんど広がることなく、いつ接触してもおかしくないレベルの近距離で走行してくるので、とりあえずすぐさま左側車線へと変更します。

「もうさすがに煽られないだろう…」と思っていた瞬間、「プリウス」が私の車両の前方に移ったあと急ブレーキを仕掛けてくるという危険な行為に。その後急発進と急ブレーキを繰り返す「プリウス」(ドライバはかなり若かった)。
さすがに”マズイ車両に遭遇してしまった”と思い、(走りなれた道でもあったため)すぐさま左折して県道から外れることに。

それに気づいた「プリウス」も急ブレーキを仕掛けますが、道を通り過ぎてしまったので時すでに遅し。私の後続にいた軽自動車もあおり運転を受けていたかはわからないものの、原因不明のあおり運転を受けるというのは何とも理解しがたいですし、一応前後にはドライブレコーダーが付いていて動画もしっかりと保存されていたので、今後同じようなことが繰り返されないためにも、一度警察には動画提供して相談してみようと思っています。

☆★☆新型「フィット4」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう