「スイフト」のセダンタイプとなるマイナーチェンジ版(印)スズキ新型「ディザイア」が完全リーク。フロントグリル拡大でアグレッシブさを向上

2020-05-27

~近年のトレンドとなっているグリルの大口化が施された新型「ディザイア」が登場~

インド市場にて販売を手掛けるマルチ・スズキのラインナップモデルとなる「ディザイア(Maruti Suzuki DZire)」がマイナーチェンジするとのことですが、何と新型「ディザイア」と思われる開発車両が偽装一切無しの状態にて完全リークしています。
開発車両としてテスト走行を実施中の新型「ディザイア」ですが、このモデルは日本市場でも販売される「スイフト(Swift)」をベースにしたコンパクトセダンとなっています。


~デザインが変更されるだけでなく安全性能も強化~

今回リークされた偽装一切無しの開発車両を見ていくと、従来「ディザイア」よりもハニカムグリルの面積が拡大し、ロアグリルが省略されたことでフロントバンパー全体がデザイン変更され、更にフロントフォグランプにはクロームアクセントが追加されています。

サイドのデザインも見ていくと、足元には鉄チンホイールが装着されていますが、上位グレードには16インチアルミホイールを装着することでラグジュアリー感を演出。
全体的なスタイリングに加えて、リヤデザインは特に変更は無いようですが、今回のマイナーチェンジによりフラッシュタイプのリヤパーキングセンサーが標準装備されるとのことで、安全性能を向上させているとのこと。

インテリアのリーク画像はありませんが、基本的には現行モデルと同じレイアウトをそのまま流用するものの、ファブリックシート新デザインを採用するとのこと。
そして7インチSmartPlayタッチスクリーンインフォテイメントシステムの代わりに、最新の7インチSmartPlay Studioユニットが採用されることが決定しているそうです。

~エンジンはマイルドハイブリッド1択のみ~

気になるパワートレインについては、現行モデルではBS-Ⅵ規格に準拠した排気量1.2L K12M型直列4気筒VVTガソリンエンジンと排気量1.3L D13A型直列4気筒DDiSディーゼルエンジンの2種類をラインナップしていましたが、今回のマイナーチェンジによりBS-Ⅵ規格に準拠したエンジンであることに変わりはないものの、排気量1.2L K12N型直列4気筒デュアルジェットVVTプログレッシブスマートハイブリッドガソリンエンジンを採用するとのこと。
これにより、CO2排出量を抑えながらも最高出力89.7ps/最大トルク113Nmを発揮し、燃費も24.12km/Lと非常に優秀な数値をたたき出すそうです。

トランスミッションは5速MT/5速ATの何れかから選択が可能に。
なおこのモデルは、2020年4月にインド市場をメインに発売スタートする予定となっていますが、日本市場での販売の予定はありません。

☆★☆「スイフト」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:IndianAutosBlog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう