イメージは「アヴェンタドールSV」?マンソリーがランボルギーニ「ウルス」を激ヤバカスタム。マフラーデザインはあのハイパーカー仕様に

2020-05-27

~マンソリーカスタムはいつものことながら驚かされてばかり~

フェラーリやブガッティ、ベントレー、ロールスロイスといった様々な高額モデルのカスタムを施すドイツの過激チューナーでお馴染みマンソリーが、ランボルギーニのSSUVモデル「ウルス(Lamborghini Urus)」を過激カスタム。
今回公開されている「ウルスMansory Venatus」は、内外装を大幅に変更させた圧倒的な存在感を持つカスタムモデルということで、更にはエンジンも大幅に向上させた戦闘機ルックな一台に仕上げられています。


~フロントインテーク周りは「アヴェンタドールSV」をモチーフにしている?~

ボディカラーとしては、非常にスポーティなブルーがメインになっていて、そこにカーボンファイバパーツによるカラーアクセントを追加し、更にインテーク形状やフロントバンパーもマンソリーオリジナルへと移植されているのがわかりますね。
パッと見の印象としては、ランボルギーニのフラッグシップハイパフォーマンスモデル「アヴェンタドールSV(Aventador SV)」っぽいインテークデザインを採用しているのが印象的。

サイドから見てみるとこんな感じ。
SUVというよりも戦闘機のような出で立ちで、全てカーボンファイバ製となるフロントフェンダーダクトやプロテクターパーツ(オーバーフェンダー)、サイドスカート、更にはサイドミラーキャップを装備しています。

リヤプロファイルはこんな感じ。
テールゲートに装備されたカーボンファイバ製リヤウィングやスポイラー、スリット溝とアシッドグリーンのピンストライプが目立つリヤディフューザーも確認できますね。

~マフラーデザインはアポロ「IE」をイメージしている?~

真後ろから見てみるとこんな感じ。
リヤディフューザーの両サイドには、「ウラカンEvo(Huracan Evo)」のようなY字形状のトリムパーツを装備し、更にマフラーはセンター3本出しを採用。
このマフラーデザインは、ドイツのハイパーカーメーカーであるアポロ「IE(Intensa Emozione)」がモチーフになっているのではないかと思いますね。

こちらが「IE」に採用された過激な3本出しマフラー。

よ~く見てみると、センターストライプはボディカラーメインのブルーを採用し、その両サイドにカーボンファイバのブラックアクセントで縁取るという考え方なんですね。この発想は今までに無かったのではないかと思います。

そして足元には7スポークタイプの24インチ大口径鍛造アルミホイールを装着し、ブレーキキャリパはピンストライプと同じアシッドグリーンを採用しています。

~インテリアもこれまた過激!~

インテリアはこんな感じ。
かなりまぶしいブルーのレザーにネオングリーンのアクセントを追加。
オーナメントパネル類は基本的にフルカーボン仕様に仕上げられています。

ドアを開けた瞬間のインパクトも凄いですね…

そして天井周りはこんな感じ。
ロールスロイスのスターライトヘッドライナーを想起させるような豪華さがありますね。

エンジンカバーもマンソリー仕様にカスタム。
気になるパワートレインは、排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンはそのままに、P810アップグレードシステムをインストールすることで新しいエンジン管理システムや高性能触媒コンバーターを加え、最高出力641hp→838hp/最大トルク850Nm→1,000Nmへと大幅に向上されています。

☆★☆マンソリー関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう